COLUMN

コンフォート シューズとは?靴選びのポイントと注意点を解説!

コンフォート シューズとは?靴選びのポイントと注意点を解説!

靴屋さんやネットショップで、「コンフォートシューズ」という言葉を見たことがあるでしょう。しかし、具体的にコンフォートシューズがどのような靴かご存知でしょうか? 履きやすそうだからとコンフォートシューズを選んでも、歩きやすい靴とは限りません。今回は、靴のプロmamianが「コンフォートシューズ」の正しい理解についてお伝えします。 コンフォートシューズとは? コンフォートシューズとは、健康的で履き心地の良い靴のことを指します。「comfort」が快適さ、心地よさ、痛みを和らげるなどの意味を持つことから分かるように、足の健康を考えて設計された靴、足や体への負担が小さい靴に対して使われます。明確な定義はなく、自分にとって履きやすい靴、足に合っている靴がコンフォートシューズとなります。 たとえば、”外反母趾の人も履ける”というコンフォートシューズであっても、自分が履いてみたら痛みを感じることはよくあります。人はそれぞれ、サイズとワイズはもちろん、足の形、甲の高さ、土踏まずの位置、歩き方のクセなどが異なります。そのため、体に負担の小さく、正しく歩けるコンフォートシューズを探し出すことが重要となります。 コンフォートシューズの特徴と靴選びのポイント コンフォートシューズに明確な定義はありませんが、足の負担を軽減する設計や工夫に着目することで、自分に合った靴を見つけやすくなります。そのため、コンフォートシューズとして設計されている靴の特徴を確認しておきましょう。 伸縮性がある 足の大きさは、朝と夜、体調などによって変化します。足がむくんでしまったときでも足の負担が大きくならないよう、伸び縮みする素材が使われていることが重要です。 具体的には、本革、良質な合皮は、自然と足にフィットしてくれるためコンフォートシューズによく使われる素材です。反対に、エナメルや一般的な合皮は伸びにくく、足にフィットしにくい傾向があるため、コンフォートシューズを選ぶときは伸縮性のある素材かを確認しましょう。 つま先にゆとりがある 立ったとき、歩くときは、体重がかかって足裏の長さが少し伸びます。また、ヒールが高い靴であれば、少し前に滑ってしまうものです。そのため、靴を選ぶときは、つま先にゆとり(捨て寸)があるデザインであることが重要です。 つま先が詰まりすぎていると、外反母趾になったり、ハンマートゥになったり指が変形してしまう恐れがあります。しっかり地面を指でとらえることができる、蹴りだせるように、つま先のゆとりには要注目です。 衝撃吸収性がある 歩くときはどうしても足に衝撃がかかります。とくに、アスファルトやコンクリートの地面を歩くことが多い現代では、土の上を歩くときよりも足にかかる負担が大きくなります。そこで、足を守るためには、歩くときの衝撃を吸収してくれる素材や設計が用いられた靴が必要です。衝撃吸収性が低い靴は、足だけでなく、膝や腰、姿勢など体全体に影響が出るため避けましょう。 衝撃を和らげる方法は、クッションなどで足の一か所にかかる重さを分散させたり、ローリング性能で体重移動をサポート&適切な歩行を誘導してくれたり、とさまざまです。どのような設計なのか購入前に確認すると良いでしょう。 ヒールが低い 女性であれば、ハイヒールの靴を履きたくなるものです。しかし、ヒールが高い靴は足や体への影響が大きいため、ローヒールであることはコンフォートシューズとしてのポイントの1つです。3cm以内のものであれば、つま先に過剰な負担がかかりにくいためおすすめです。 ただし、ヒールが低ければ良い、というわけではなく、衝撃吸収やローリング性能がなければ、足への負担が大きくなります。靴底には適度な厚さがあるほうが足へのストレスが軽減されるため、デザインについても確認することが重要です。ハイヒールを履きたいという場合は、ヒール以外のポイントでコンフォートシューズとしてのデザインが採用されているものを選ぶと良いでしょう。 コンフォートシューズを探すときの注意点 コンフォートシューズは人によって違うものです。そのため、コンフォートシューズを探すときは「試着する」「合わない靴は履かない」ようにしてください。 試着するときは、足がむくんでいないとき、足がむくんでいるとき、歩いたときなど、異なる状況でのフィット感を確かめてください。ただ単に、履いてみただけでは、指が当たる場所や痛みを感じる箇所が分からない可能性があります。 また、試着時にフィットしていても、しばらく履いていると痛みや靴擦れが発生する場合もあります。足に合わない靴を履きつづけ、足や体に負担がかかりすぎると、高齢になった際に自分の足で歩けなくなるリスクがあります。靴が足に合わないと感じたら、履かないようにすることも重要です。 mamianならコンフォートシューズが見つかるかも! mamianの靴は、日本人女性の足に合うように設計されています。多くの女性が靴擦れや足の痛みに悩むパンプスも、つま先の形、サイズ、素材を変えて多くの商品を展開しております。また、ネットでご注文いただいた商品も返品いただけるため、家で試着してみることもできます。他では見つからなかった自分のコンフォートシューズを、ぜひmamianで探してみてださい。

Read more →

【足の形別】相性の良い靴のタイプや選び方を解説

【足の形別】相性の良い靴のタイプや選び方を解説

人の足の形は、指の長さによって主にエジプト型・ギリシャ型・スクエア型(ローマ型)の3種類あります。日本人ではあまり見かけませんが、ほかにドイツ型・ケルト型という足の形もあります。 今回は、足の形の特徴や、相性の良い靴、靴選びのポイントを紹介します、。 エジプト型 エジプト型の足は、親指が1番長く、小指に向かって短くなっていくのが特徴です。日本人にはとくに多い足の形で、7~8割の人がエジプト型の足だといわれています。親指が飛び出しおり、重心が外側に傾きやすいことから、外反母趾になりやすい傾向があります。とくに女性で高いヒールを履く場合は、外反母趾に注意が必要です。 エジプト型の足の靴選びポイント エジプト型は比較的どのような靴でも合いやすい足の形です。ただし、エジプト型の足の場合、幅広の靴を履くと足が靴の中で流れやすく、外反母趾の原因となるため注意してください。また、小さいサイズやポインテッドトゥのように、つま先の詰まった靴を履くと外反母趾のリスクが上がるため、あまりおすすめできません。 エジプト型の足に相性の良い靴 ・オブリークトゥ オブリークトゥは、つま先が親指から小指にかけて斜めにカットされているタイプの靴です。可愛らしさとクールの中間にあり、幅広いコーディネートで活躍します。 ・ラウンドトゥ ラウンドトゥは、つま先に丸みがあるタイプの靴です。丸みの角度は、コロッとしたものから、シャープな印象を受けるものまで自分のファッションにあわせて選びましょう。 ギリシャ型 ギリシャ型の足は、人差し指が1番長く、つま先が三角形の形をしています。日本人でもしばしば見られる足の形で、エジプト型の次に多いといわれています。人差し指が飛び出ているため、指先が圧迫されやすく、足の指が曲がったまま固まってしまうハンマートゥになりやすい傾向があります。ハンマートゥ以外にも、人差し指が長く圧迫され、魚の目やタコもできやすいようです。 ギリシャ型の足の靴選びポイント ギリシャ型の足の場合、人差し指がつぶされない靴を選ぶことが重要です。ハンマートゥを防ぐために、靴の中で足が多少前に滑っても、指が曲がった状態にならない、つま先が長い靴を選びましょう。ただし、あまり指先に余裕がありすぎる靴を選ぶと、指への負担が大きくなり、外反母趾の原因となるため注意が必要です。つま先のカーブに合わせた靴選びがポイントとなります。 ギリシャ型の足に相性の良い靴 ・ポインテッドトゥ 先が尖った形をしているポインテッドトゥは、人差し指が長いギリシャ型に合いやすい靴です。シャープな印象を与え、スタイリッシュで辛口なファッションによく合います。 ・アーモンドトゥ つま先に余裕があるタイプの靴です。ポインテッドトゥよりも尖りが抑えられ、丸みや可愛らしさも感られるため、幅広いコーディネートで活躍します。 スクエア型 スクエア型の足は、親指から中指までの指の長さがそろっている点が特徴です。ローマ型とも呼ばれています。日本人には1割程度しかいないといわれています。つま先が、四角いため、指先と靴幅のバランスがとりづらく、指同士が圧迫しあう傾向があります。そのため、タコや魚の目ができやすくなります。 スクエア型の足の靴選びポイント 歩くときに横に指が広がるため、幅が狭い靴や先が尖った靴には向いていません。しかし、幅が広すぎると前に足が前に滑ってしまい、外反母趾やハートゥハンマートゥ?の原因となるため、サイズとワイズもしっかりとフィットした靴を選ぶ必要があります。出回っている靴は、つま先が丸いまたは、尖った形の靴が多いため、靴選びが少し難しい足の形です。 スクエア型の足に相性の良い靴 ・スクエアトゥ 靴先が四角いタイプの靴です。四角いつま先のスクエア型の足とかなり相性が良く、サイズとワイズさえ合えば、タコや魚の目などのトラブルが起きにくくなります。 ・ラウンドトゥ スクエア型の足でも、比較的丸みが強いラウンドトゥであれば問題なく履くことができるでしょう。ただし、シャープな印象が強いものであれば、親指と小指が左右から圧迫されてしまうため、前滑りしないか、幅が合っているかしっかり確認しましょう。 ドイツ型...

Read more →

パンプスの靴擦れを予防する!自分に合ったパンプスの選び方とは?

女性らしさを演出してくれるパンプス。しかし、パンプスを履きたくても靴擦れが起きることから敬遠している人もいるでしょう。今回は、レディースシューズのプロ「mamian」が、パンプスで靴擦れが起きる原因と、対策について解説します。 パンプスで靴擦れが起きやすい理由とは? パンプスで靴擦れが起きやすい原因には、「パンプスが自分の足と合っていないこと」と「ヒールによって足が滑りやすいこと」の2つがあります。 パンプスが自分の足にフィットしていないと、歩くたびに靴と皮膚が強く擦れる箇所ができてしまいます。何度も擦れる間に水ぶくれや、擦り傷といった靴擦れが発生するのです。また、ヒールの高いパンプスの場合、体重によって足が前に滑るため、ヒールの低い靴を履いたときよりも、局部的に体重がかかり、足を痛めやすくなります。 靴擦れを起こさないパンプス選び パンプスを試着して履きやすさを確認する人も多いものです。しかし、試着して買ったはずのパンプスで、なぜか靴擦れが起きる、という人も少なくないでしょう。これは、試着時に自分の足とフィットしているか正しく判断できていないことが原因です。ここからは、自分の足にあったパンプスの選び方について紹介します。 サイズ・ワイズ・甲の高さ・つま先の形を確認する 靴と皮膚が強く擦れる箇所がなくなれば、酷い靴擦れが起きることはありません。そのため、サイズ・ワイズ・つま先の形は必ず確認しましょう。 ・サイズ サイズは足の1番長い指から、かかとの1番出っ張った箇所までの長さです。靴選びのときに、一般的な基準として用いられています。しかし、測り方を間違えており、実際のサイズと普段から選んでいる靴のサイズが異なるという人は珍しくありません。紙の上に足をのせて定規とペンを使って測ることもできますが、靴屋さんで正確に測ってもらっておくのがおすすめです。また、靴擦れ防止のために大きいサイズを選ぶのは逆効果になるので、歩いてもかかとがパンプスから抜けないものを選びましょう。 ・ワイズ ワイズは、足の幅と勘違いしている人多いのですが、小指と親指の付け根の出っ張り部分の周囲の長さを指します。メジャーでぐるっと一周させればワイズを測ることができます。ワイズを知ることで、靴の幅や甲の高さが自分の足と合うかを確認することができます。 ・つま先の形 足の形は、とくにつま先の形は人によって大きく違います。親指が1番長い「エジプト型」や全部の指がほぼ同じ長さの「スクエア型」、人差し指が1番長い「ギリシャ型」があります。エジプト型の足であれば、ラウンドトゥパンプスやオブリークトゥパンプスが足の形に合っています。スクエア型の足の場合は、オブリークトゥパンプスやスクエアトゥパンプスがおすすめです。ギリシャ型の足ならスクエアトゥパンプス以外であれば、ポイテッドトゥパンプスやアーモンドトゥパンプス、ラウンドトゥパンプスなど多くのパンプスでフィットしやすいでしょう。 微妙なズレはインソールで調節する 人の足の大きさは、左右で少しずつ異なります。また、体調の変化から足の状態が変わり、日によってパンプスが合わなくなることがあります。微妙な違いを考慮してパンプスを選ぼうとすると、購入できるものがほぼなくなる可能性があります。そのため、これらの微妙なズレに関しては、インソールを使って調節すると良いでしょう。 試着は朝~昼にする 人の体の60%を占める水分は、重力によって下に下がり、夕方から夜にかけて足にたまります。そのため、パンプスを買うときは本来の足の大きさにフィットするように、午前中もしくは昼間に試着するようにしましょう。夕方以降に試着して購入したパンプスの場合、日中履くとカパカパして、靴擦れの原因となることがあります。 固い素材のパンプスは避ける 靴と皮膚の摩擦が強くなれば、それだけ酷い靴擦れが起きてしまいます。一方で、靴にある程度の柔軟性があれば、摩擦を減らし靴擦れを軽減できます。そのため、エナメルなど固い素材のパンプスを控え、スエードのような皮や合皮、布製といった柔らかい素材のパンプスを選ぶと良いでしょう。 パンプスを履くときにできる靴擦れ予防策もある! パンプスは自分の足にぴったりのパンプスを購入できても、ヒールが高いパンプスではどうしても局部的に体重がかかって圧迫される箇所ができて、靴擦れを起こすことがあります。その場合は靴擦れ防止のアイテムを使うのがおすすめです。かかとの摩擦を抑えるためには、かかとに貼る保護シールや、かかとに吹き付けて使う靴擦れ防止スプレーなどを活用してみましょう。つま先の靴擦れ防止には、パンプス内での前滑りを防止するインソールや、足指を柔らかいシリコンが守ってくれるつま先保護カバーなどが便利です。 mamianのパンプスは足への負担が小さく靴擦れしにくい! mamianでは、日本人女性の足に合うようにパンプスを設計しています。とにかく足への負担が少なく、歩きやすさはもちろん、靴擦れを起こしにくいことが特徴です。もちろん、足の形や左右の微妙なサイズの違いを考慮して、自分に合ったパンプスを選ぶ必要はあるので、ご自宅で試着して足へのフィット感を確認してみてください。mamianでは、足に合わないと感じた場合に、返品いただくことができます。「パンプスは靴擦れが心配」という方は、是非一度mamianのパンプスを試してみてください!

Read more →

女性必見!足のむくみの原因とは?予防法も合わせて紹介

「夕方になると足が靴の中でパンパンになる」「足がむくんでだるい」などの症状でお困りではありませんか? 足のむくみは放置しているとさらに悪化する恐れがあります。足のむくみの原因を知って、ひどくならないように対処しましょう。この記事では、レディースシューズのプロであるmamianが足のむくみの原因と対処法を紹介します。 足のむくみのメカニズムとは? むくみは、医学的には「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれており、皮膚の下に水分が溜まることで起きます。人の体は60%が水分でできているため、体内の水分が下半身に集中すると自然と大きく膨らんでしまうのです。皮膚を指で押したときに凹みができたり、靴下を脱いだときに跡が残ったりしているのであれば、むくみが起きている可能性があります。 足がむくみやすい原因と予防法 足のむくみは起きやすい状況や原因があります。ここでは、足のむくみの原因を対処法とあわせて紹介します。 長時間同じ姿勢を続けている 長時間に渡って同じ姿勢を取り続けると血流が悪くなり、足がむくみやすくなります。とくに、足は心臓から遠く、血流が滞りがちです。デスクワークなどで座りっぱなしの場合は、時々席を立って歩いたりストレッチをしたりして足の筋肉を使いましょう。席を立てない場合は、足首を回したり指を動かしたりして、座った状態でもできる体操がおすすめです。 足の筋肉量が少ない 足の筋力が衰えると足のむくみの原因になります。足の血流は重量に逆らって心臓に流れていくため、筋肉が衰えているとそのポンプ作用が小さくなり、血流が悪くなるのです。女性が男性よりもむくみやすいと言われるのは、この筋肉量が少ないためです。普段から運動する習慣がない人は、ウォーキングを始めたりスポーツをしたりして足の筋肉を使いましょう。 また、「近所に出かけるときは車を使うのではなくではなく歩いて行く」「エレベーターをやめて階段を使う」など、普段の生活の中に足の筋肉を使う機会を増やすこともできます。 水分を摂りすぎている ダイエットやデトックスの目的で水をたくさん飲む女性がいますが、水分の摂りすぎはむくみにつながります。また、水の飲み方も重要です。冷たい水を一度にたくさん飲むと冷えにつながり、血流が悪くなるためできるだけ常温の飲み物を選びましょう。その他にも、カフェインの入っている飲み物は、利尿作用があるため飲みすぎは禁物です。 体が冷えている 体が冷えると血流が悪くなり、むくみにつながります。エアコンが効きすぎている部屋や寒い場所で長時間過ごすのは控えましょう。ただし、会社や学校などの多くの人が集まる場所で室温を調整できないことが多いものです。普段から羽織を持ち歩いたり露出をできるだけ避けたりして、体の冷えを予防しましょう。 入浴はシャワーだけで済ませるのではなく、湯船にゆっくりつかりましょう。時間があれば足をマッサージしたり、シャワーをふくらはぎに当てて刺激したりすれば血行を改善できます。 女性ホルモンの影響を受けている 女性の場合はホルモンが原因でむくみが起きていることがあります。生理前や生理中は黄体ホルモンの分泌が減り、むくみが起きやすくなります。睡眠不足や栄養不足にならないように注意して、規則正しい生活を心がけましょう。また、過度な飲酒や塩分の摂りすぎにも注意しましょう。 何らかの病気がある 何らかの病気が原因で足のむくみが起きている場合もあります。一晩寝れば治るような一過性のものなら心配ありませんが、むくみがひどかったり長引いたりするときは、医療機関を受診して医師に相談しましょう。 靴が足に合っていない 靴が足に合っていないこともむくみの原因です。靴の中が窮屈で身動きがとれなかったり、硬い素材が足に当たったりすると、つい歩くのが嫌になり、自然と筋肉を動かさなくなってしまいます。足のむくみを防ぐためには、自分の足に合った歩き心地の良い靴を選ぶことが大切です。 足に良い靴選びとは? 普段から足に合った靴で歩くことができれば、バランスよく足に筋肉がつき、さらに姿勢も良くなるため、むくみの改善が期待できます。 パンプスなら、指が1本入る程度の大きさで、大きすぎないものを選びましょう。サンダルなら、いつもより小さめのサイズのほうが足に合いやすいと言われています。いずれの靴でも、必ず両足とも試着して歩いてみて、履き心地を確認することが大切です。 女性の健康と美しさを目指すmamianの靴 mamianでは、一足ずつ職人が心を込めて靴を作っており、美しさと履きやすさの両方を一足で叶えます。「素敵な靴を履いて見た目にこだわりたい。でも動きにくくて足に負担が大きい靴は嫌だ」という女性にぴったりです。 ネット注文した場合、返品もキャンセルもできるため、家でゆっくりと試着して履き心地を確かめられます。気になるパンプスがあればぜひ一度お試しください。

Read more →

袴にパンプスをあわせるのはあり?コーデのポイントを解説!

袴にパンプスをあわせるのはあり?コーデのポイントを解説!

成人式や卒業式など、袴を着るときにスタンダードになっている靴は、王道の草履や大正浪漫なブーツでしょう。しかし、「周りと被りたくない!」「もっとおしゃれな雰囲気にしたい!」という人には、「パンプス」がおすすめです。今回は、レディースシューズのプロ「mamian」が、自分らしい袴スタイルを演出するためのパンプスコーデのポイントを紹介します。袴にパンプスをあわせて、周りに差を付けましょう! 袴×パンプスは大正時代からのおしゃれスタイル 袴にブーツをあわせるスタイルは、大正~明治時代に女学生の間で流行しました。実は、同時期に、袴にパンプスとあわせるスタイルも流行しています。パンプスのほうが足が華奢にみえ、女性らしい雰囲気になるのが魅力。現在では、袴にブーツをあわせるスタイルのほうが定着していますが、袴×パンプスもおしゃれさんの象徴だったのです。 袴×パンプスのポイントは? それでは、袴とパンプスをどのようにあわせていくのかご紹介します。袴にパンプスあわせると、ブーツを履くよりも、さらにモダンな印象に。おしゃれで個性的、かつ上品な印象を演出しましょう。 パンプスはシンプルなものを選ぼう 袴にあわせるパンプスは、和装の雰囲気を壊さないシンプルなデザインで、無地のパンプスがおすすめです。シンプルで、着物の柄とマッチするものであれば、ローファーパンプスや、バイカラーパンプスも良いでしょう。フォーマルな場に着ていくことが多い袴スタイルですが、ストラップが付いているものでも構いません。ただし、エナメル生地や分厚いハイヒールなど、派手な雰囲気のパンプスはNG。着物は、内面の美しさを象徴する衣装といわれるように、控えめな上品さが魅力です。あわせるパンプスは、スエード生地やレザー生地など、和装にマッチする上品なものがおすすめ。つま先のデザインも、ポインテッドトゥではなく、アーモンドトゥやスクエアトゥ、ラウンドトゥを選ぶと良いでしょう。 靴下orストッキングを着用してフォーマルな雰囲気に パンプスを履くときには、素足だったり、甲浅カットの靴下だったりと、足の甲を露出したほうが足が綺麗に見えると人気です。一方で、袴とあわせるときに足の甲が露出されていると、肌色が浮いてしまいます。そこで、靴下かストッキング、タイツを着用しましょう。靴下やストッキングを選ぶときは、和装の雰囲気を壊さないよう、振袖・袴と同系色または、カーキベージュやブラウンベージュ、黒色など、どんな雰囲気でもなじみやすい色がおすすめです。柄物は、振袖の柄とケンカになる可能性があるため要注意。パンプスからチラリと見える、靴下やストッキングの色や生地が違えば、雰囲気も大きく変わります。また、袴を着用する成人式は真冬、卒業式は早春と、寒い日もあります。防寒面では、足元が冷えないよう靴下の着用がおすすめです。 バッグは和洋どちらもあわせられる 袴と草履、またはブール ブーツを着用する場合、巾着や、和装用のバッグを持つのが一般的です。一方で、袴にパンプスをあわせると、洋風の雰囲気がアップするため、あわせられるバッグの幅が広がります。袴の雰囲気を壊さないように、小さめのクラッチバックやハンドバッグがおすすめです。柄物のバッグの場合は、着物とケンカしないよう、同系色や似た雰囲気の柄のものを選びましょう。和装向け以外のバッグを持つ場合は、モダン柄の着物を選んで、全体的にモダンスタイルに統一するのがおすすめです。 ヘアスタイルもモダンな雰囲気が◎ 袴にパンプスをあわせるときは、足元がモダンな印象になるため、ヘアスタイルもそれにあわせると全体的にモダンな雰囲気に統一できます。モダンなヘアアレンジはもちろん、古典的なヘアスタイルにモダンな髪飾りを付けるのも良いでしょう。モダン柄の大きなリボンやヘアバンドもレトロな雰囲気をプラスできます。おしゃれの幅を広げて、ヘアスタイルだけでなく、ファー帽子やベレー帽をあわせれば、おしゃれで個性的なコディネートになるでしょう。 mamianで袴にあわせるパンプスをお選びください! 袴とはいえ、慣れない人にとって和装は歩きづらい、または行動が制限されるものです。また、パンプスを履きなれていないと、靴擦れになったり、歩くたびにかかとがパカパカしたりと、まともに歩けなくなることも。そのため、長く履いても疲れにくい、足にフィットするパンプス選びが重要です。mamianのパンプスは、日本人女性の足に合うように設計されています。一度履いていただければ、その履きやすさを実感いただけると思います。また、通販で購入したパンプスが足に合わなかったり、雰囲気がイメージと違ったりすれば、返品が可能。自宅で袴を着て、パンプスがマッチするか試してみることもできます。袴にあわせるパンプスをお探しの方はぜひ一度お試しください。

Read more →

夏のパンプスってどう履くの?おすすめコーデも要チェック!

夏のパンプスってどう履くの?おすすめコーデも要チェック!

夏になると、パンプスを履けるのか、履くときはどんなコーデがいいのか悩む人は多いでしょう。特に、ダークカラーのパンプスであれば、足元が重くなるかも、と心配してしまいがちです。しかし、色使いに気をつければパンプスでも、爽やかな夏コーデができますよ。今回は、レディースシューズのプロ「mamian」が、夏にパンプスを履くときのポイントとおすすめのコーディネートをご紹介します。 夏のパンプスコーデのポイント まずは、夏にパンプスを履くときに押さえておきたいポイントを3つ紹介します。 素足はNG 暑いからと、パンプスを素足で履くのは避けたほうが無難です。素足でパンプスを履くと、汗で蒸れて臭いの原因となったり、靴擦れの原因となってしまいます。足のトラブルにつながりやすいため、パンプスを履くときには、靴下やストッキングを着用しましょう。ただし、ストッキングは汗をほとんど吸収できないため、靴下のほうがおすすめです。パンプス用に作られた、浅く作られた靴下や、パンプスを履いても脱げないようかかとにゴムがついた靴下を選びましょう。 甲浅なカッティングは夏にぴったり 甲浅なパンプスだと、露出が増えて、涼しさと女性らしさの両方を演出できます。パンプスを履くと足元だけ暑そうなコディーネートになるという人は、甲浅なカッティングのパンプスを選びましょう。この場合、靴下を履くと見えてしまう可能性があるため、素足でパンプスを履くとき用に販売されているインソールを入れて履くのがおすすめです。使い捨てのものもあれば、洗って繰り返し使えるものもあります。 色を選べばスエードパンプスもOK 秋冬のイメージが強いスエード生地のパンプスは履きにくい、と感じている人も多いでしょう。しかし、色さえ上手に選べば、夏の定番アイテムになるんです。夏に選びたいのは、華やかなビビットカラーや、爽やかなパステルカラー。テラコッタカラーやダークブラウン、ボルドー、深いグリーンなどは、スエード生地と合わせると完全に秋冬仕様になってしまいます。これらの色を取り入れたいときは、サンダルやシースルーのパンプスなど、夏らしさを前面に出した靴にしましょう。 【色別】夏におすすめのパンプスコーデ パンプスを夏に履くときの基本的なポイントがわかったところで、ここからは夏におすすめのパンプスコーデを紹介します。 黒パンプスコーデの引き締め役 黒パンプスもコーディネート次第で、夏場でも大活躍します。例えば、黒いトップス、ライトベージュやホワイトなど淡い色のプリーツスカートに合わせれば、黒パンプスがモノトーンコーデの引き締め役となります。アクセサリーやバックは、シルバーやネオンカラーがおすすめです。黒は万能カラーなので、トップスやバックなどで色物を使ってしまい、これ以上色をプラスできないときにも活躍します。ただし、露出が少ない黒色のパンプスは冬っぽさが出るため、露出が多いものや、レースデザイン、シースルーデザインになっているものがおすすめです。 オレンジパンプスで華やかさをプラス オレンジパンプスは、夏らしいパッションを感じる色合いなので、トップスや、スカート・ボトムスにはシックな色合いのものを選ぶのがおすすめです。例えば、黒いトップスに小花柄のペンシルスカートを合わせれば、オレンジパンプスがコーディネートの主役に。アクセサリーやバック、小物は、色物以外を使うと全体がまとまります。 ライトブルーパンプスで爽やかスタイル ライトブルーのパンプスは、夏コーデの定番アイテムになります。ブルーのストライプシャツやライトグレーのトップスに、ホワイトやブルーのプリーツスカート・フレアスカートを合わせれば夏らしく爽やかで、涼しげなスタイルに。ライトグレー・ライトブルーのバックやかごのバッグがおすすめです。 ネイビーパンプスで上品にまとめる ネイビーパンプスは上品な夏コーデにおすすめ。ネイビーやホワイトのブラウス、大きめの花柄スカートに、ネイビーパンプスをあわせれば、シックなイメージを残しつつモノトーンコーデよりは華やかなコーディネートになります。ゴールドのアクセサリーや、赤や黄の差し色をスカーフで入れるとこなれ感がアップします。 レッドパンプスでマリンスタイルに 赤色のパンプスは主張が強いですが、白色とネイビーのトップスやスカート・ボトムスと合わせれば、夏らしいマリンスタイルができあがります。レッドパンプスは主張が強いので、履くタイミングやコーデがわからない、という人でも気軽に取り入れられるコーディネートです。マリンスタイルなので、麻ひもバッグやかごバッグ、クリアバッグがおすすめ。 mamianで夏にヘビロテできるパンプス見つけよう mamianでも、夏にぴったりのパンプスを多数入荷しています。カラーバリエーションも豊富なので、夏らしい華やかなコーデや涼しげなコーデに取り入れられるアイテムをお選びいただけます。また、mamianのパンプスは、日本人女性の足に合うように設計されているため、長く履いても疲れにくい特徴があります。まずは一度お試しいただき、履きやすさを実感ください。ネットでご購入いただいたパンプスでも、足に合わない場合は返品を承っております。気に入ったパンプスがあれば、持っている服やバッグとの相性も含めて、ぜひご自宅でご確認ください。

Read more →

歩きやすいパンプスとは?よくある誤解と正しい選び方を解説!

歩きやすいパンプスとは?よくある誤解と正しい選び方を解説!

女性がパンプスを履く機会は、普段の外出から、ビジネスシーン・就職活動・冠婚葬祭まで多岐にわたります。パンプスは、履く人の個性や女性らしさを演出するだけでなく、脚を長く美しく見せる効果もあります。 一方、パンプスは「歩きにくいもの」というマイナスのイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、本来自分の足に合ったパンプスを履いていれば、そんなに怖がるのもでもないのです。 今回は日本人女性の足に合う靴を作り続けている「mamian」が、歩きやすいパンプスの選び方をご紹介します。 パンプス選びによくある誤解 パンプスを選ぶときは、何を基準に選んでいますか?下記のようなパンプス選びは、実は間違ったパンプス選びのポイントです。 誤解①かかとに余裕がある方が良い 誤解②つま先はぴったりした形のものが良い 誤解③指が当たるのはサイズが小さいから そもそも選ぶべき基準が間違っていれば、試着して自分の足に合うか確認したはずのパンプスでも、歩きにくい可能性があります。 歩きやすいパンプスはどう選べばいいの? それでは、歩きやすいパンプスの正しい選び方を確認してみましょう。正しくパンプスを選べれば、歩きやすいだけでなく、パンプスで走ることもできるようになります。 かかとはぴったりサイズのものを選ぶ 街を歩いていて、かかとがパカパカしているパンプスを履いている女性を見たことはありませんか?歩を進める度にかかとがパカパカしている状態で、足にパンプスが合っているわけがありません。 歩きやすいパンプスを選ぶには、「かかとは隙間なくぴったりサイズである」ことが重要です。かかとの隙間が大きいと、歩いているときに何度も靴が脱げることになるので、指先が詰まってしまって怪我をしたり、脱げないように余計な力を加えて踏ん張ってしまい足への負担が大きくなります。指を1本強めにねじ込んでも、第1関節の3分の1が入る程度のパンプスを選びましょう。 つま先はゆとりのあるデザイン・サイズのものを選ぶ つま先の形やサイズは、かかとと違ってぴったりしたデザインやサイズのものを選ぶようにしている人も多いものです。パンプスはヒールが高いとパンプス内で足が滑ってしまうことがあるため、ぴったりサイズを選んでいる人もいるでしょう。 しかし、実際は「つま先は1cm程度の余裕が出るデザイン・サイズを選ぶ」と、パンプス着用時の歩きにくさを解消することができます。これは、ヒールがあるパンプスでは、歩くときに体重の圧力で指が少し前に伸びることを考慮に入れるためです。つま先に余裕がなければ歩くたびに指の先端がつっかえたり、指が曲がって怪我をしたりハンマートゥになるリスクがあります。 サイズ・ワイズともに合ったパンプスを選ぶ パンプスの試着時に、何となく「指が当たるな…」と感じたときに、ワンサイズ上のパンプスを購入していませんか? 実は、指が当たる原因は「足のサイズ(長さ)と靴のサイズが合っていない」「足のワイズ(幅)と靴のワイズが合っていない」という2つが考えられます。 サイズが合っていない場合は、ワンサイズ上のパンプスを選べば問題ありません。しかし、ワイズが広すぎることで足が前に滑ってしまい指が当たって感じる場合は、サイズが大きい靴ではなくワイズの狭い靴を選ばなければなりません。安易にワンサイズ上のパンプスを選べば、さらに前滑りがひどくなる可能性があります。 また、ワイズが広すぎる靴を履くことで、足を幅広に変形させてしまう可能性にも注意しなければなりません。 そもそも人の足の甲は、体重をうまく分散させて歩けるように「アーチ状」をしています。しかし、運動不足や筋肉・じん帯の衰えによってこのアーチがつぶれることで、外反母趾・ひざ痛・股関節痛・腰痛の原因となっています。アーチがつぶれた足でワイズが広すぎる靴を履いた場合、アーチの崩れを悪化させてしまうため、本来の足幅を保つワイズの靴を選ぶことが大切です。 それでも歩きやすいパンプスを見つけられないときは? 「かかとはぴったり」「つま先には少し余裕がある」「サイズもワイズも合っている」にもかかわらず、歩きにくいと感じる場合は、下記の点も合わせて確認しながらパンプスを選びましょう。 足を包み込む面積の多いパンプスを選ぶ 指先や足の外側など、体重がかかりやすいところをしっかりと包み込むデザインのパンプスは、体を支えやすく、歩きやすいパンプスである可能性が高いです。浅いカットのパンプスはおしゃれですが、足の一部分にかかる負担が大きくなるため、疲れやすくなります。 ヒールが太いパンプスを選ぶ ピンヒールなど、ヒールが細いパンプスは体重を移動するたびにグラグラしてしまいやすいです。歩きやすいパンプスを探しているときは、3cm~5cm程度の高さがあり、安定感がしっかりとあるパンプスを選びましょう。 土踏まずのサポートが入っているパンプスを選ぶ...

Read more →

パンプスを素足で履くときの注意点とトラブルの予防法を解説!

パンプスを素足で履くときの注意点とトラブルの予防法を解説!

パンプスを素足で履くと、健康的に見える・滑らないので履きやすいなどの理由で「パンプスは素足で履く派!」の女性は多いのではないでしょうか。靴下がはみ出して見える心配もないため、パンプスを取り入れたファッションを存分に楽しむことができます。 しかし、パンプスを素足で履くことで発生する、「嫌な臭い」「靴擦れ」「水虫」には注意が必要です。 今回は、女性シューズ専門店のmamianが、「素足でパンプスを履くときの注意点」を予防法と交えながら紹介します。 素足でパンプスを履くときの注意点:嫌な臭い 素足でパンプスを履くときに、特に気になるのは「臭い」ではないでしょうか。汗自体はほぼ無臭ですが、足やパンプスについている雑菌が繁殖すると嫌な臭いが発生します。素足でパンプスを履く場合は、下記のようにしっかりと臭いを予防しましょう。1度嫌な臭いが発生してしまった場合でも同様に対応することで、臭いを軽減させることができます。 履いた後は乾燥させる パンプスを素足で履いた後は、靴用の乾燥材を入れて乾燥させましょう。長時間履いた後にそのまま放置すると、パンプスは汗で湿気が多い状態が続いてしまい、菌が繁殖します。そのほかにも、風通しの良いところで乾燥させたり、晴れた日に陰干しするのも臭い対策として効果的です。 消臭スプレーを使う 消臭スプレーをパンプスの中に吹きかけておけば、嫌な臭いを抑えることができます。消臭スプレーは嫌な臭いを消してくれるだけでなく、殺菌もできるためパンプスの中を清潔に保ってくれます。最近では香り付きのスプレーもありますが、嫌な臭いと混ざるとさらに不快な臭いになることがあるため、消臭スプレー選びには注意しましょう。 足をケアする 臭いの原因となる雑菌は汗や皮膚の角質を好むため、足の角質を除去することで雑菌の繁殖を抑えることができます。よく泡立てた石鹸で片足ずつしっかりと洗い、爪の間はネイルブラシを使ってしっかり汚れを落とします。洗った後はタオルで水分をきれいにふき取ってください。また、軽度の角質なら足やすりを使えばご家庭でも簡単に角質を落とすことができます。ただし、やりすぎは禁物なので、週に1~2回程度にとどめましょう。 数足を履きまわす お気に入りのパンプスは毎日履きたくなってしまいますよね。しかし、1日履いたパンプスは汗で湿っているため、毎日同じパンプスを履いてしまうと臭いの原因となります。臭いを予防するために、最低1日は休息日を設けて、パンプスを乾燥させてください。パンプスを十分乾燥させられるよう、2~3足持っておくのがおすすすめです。 素足でパンプスを履くときの注意点:靴擦れ 素足でパンプスを履くときは、「靴擦れ」にも注意が必要です。履いているパンプスのサイズや形が自分の足に合っていないと靴擦れを起こしやすくなります。 サイズが大きい場合は、歩くたびにかかとが浮いてしまいかかとに靴擦れが起こります。反対にサイズが小さい場合は、足の指や甲に負担がかかり、足指に靴擦れを起こしたり外反母趾や内反母趾になる可能性もあります。 また、足の指の長さが全てほぼ同じの「スクエア型」や親指が1番長い「エジプト型」の人が、つま先の尖ったパンプスを履くと指が必要以上に圧迫されて靴擦れが起こりやすくなります。 靴擦れ予防には靴選びが重要ですが、下記の方法でも応急的に予防することができます。 絆創膏や保護テープを貼る 靴擦れを起こしやすい場所に絆創膏や保護テープを貼っておくことで、靴擦れを防ぐことができます。特に新しいパンプスは硬いため、「少し当たるかも?」と感じるところは、靴擦れを起こす前に保護しておきましょう。また、短時間の着用で痛みがなかったとしても、長時間歩くと痛み出すことがあるため、素足でパンプスを履く場合は普段から絆創膏を持ち歩るくのがおすすめです。 ワセリンを塗る 靴擦れを引き起こしやすいかかとや指先にワセリンを塗るのも効果的です。ワセリンを塗ることによって皮膚とパンプスの摩擦を軽減することができます。普段から靴擦れを起こしやすい人は、ワセリンを持ち歩いても良いでしょう。 ただしワセリンを塗った皮膚は油焼けを起こす可能性があるので日焼け止めと併用することがおすすめです。ワセリンのついたパンプスの内側もシミになる可能性があるので、目立たない箇所にワセリンを塗って試してからの使用が良いでしょう。 素足でパンプスを履くときの注意点:水虫 水虫は、革靴を履く中年男性がなるものというイメージがありますが、実は若い女性も注意しないと十分なる可能性のある病気です。 水虫とは、白癬菌というカビが皮膚に繁殖して起こる感染症で、発症すると痒くなったり、皮膚がめくれたりするなどの症状が出ます。高温多湿の環境で繁殖しやすいため、素足でパンプスを履く人は普段から注意が必要です。 水気をしっかり乾かす 足が不潔な状態が続くと白癬菌が繁殖しやすくなります。お風呂では足を丁寧に洗い、タオルでしっかり水分をふき取りましょう。 水虫が最も発症しやすい場所は足の指の間です。指の間は汗をかきやすく、蒸れやすいため、1日に数度パンプスを脱いで乾燥させるのもおすすめです。 水虫の再発を防ぐ...

Read more →

パンプスが脱げる原因と対策!かかとのパカパカはもう卒業!

パンプスが脱げる原因と対策!かかとのパカパカはもう卒業!

脚長効果や美脚効果があるパンプスは、女性のファッションアイテムとして欠かせないアイテムです。仕事柄、ビジネスルールとして着用が必要な方も多いでしょう。 一方で、パンプスに関して最も多いのが「かかとがカパカパする」「パンプスが脱げる」という悩みです。今回は、レディースシューズ専門店のmamianが、「パンプスが脱げる理由とその対策」を徹底解説します。 かかとがパカパカ浮く・脱げる原因は? パンプスを履いた時にかかとがパカパカする場合、パンプスが足に合っていないという証拠です。そもそもパンプスは足を覆っている面積が少ないため、自分の足にしっかりとフィットしていないとすぐに脱げてしまいます。 かかとがパカパカしているパンプスを履いている女性は、せっかくオシャレに決めていても、だらしない印象を与えてしまうことも。「かかとがパカパカしているまま履いちゃってる!」という方がいたら、どうしてパンプスが脱げてしまうのか、まずは原因を突き止めましょう。 パンプスのサイズが大きい パンプスのサイズが大きいと、どうしても隙間ができてしまうため脱げやすくなります。 「いつも通りのサイズのパンプスを履いてるけど?」という方もいるでしょうが、実は表記のサイズだけでは、その靴が自分の足に合っているか確認できません。また、ヒールのあるパンプスを履くとつま先に足が少しズレる(滑る)ため、ぴったりと思っているサイズの靴でも、実際はサイズが大きかったというケースもよくあります。 左右の足の大きさが違う 人の足の大きさは左右で異なります。そのため、片方の足にフィットするパンプスでも、もう片方の足には大きすぎたり、小さすぎたりします。人によっては、左右の脚の長さが異なることもあり、脱げないパンプスを選ぶためには自分の足の特徴を知ることも重要です。 「パンプスのサイズが大きい」「左右の足の大きさが違う」この2点はサイズをきちんと測れば解決します。 むくみで足の大きさが変わる 人間の足の大きさは、むくみによって朝と夜で5%も異なると言われています。むくみは、体内にある水分のコントロールが上手くできなくなることで起こります。長時間同じ姿勢でいたり、立ち仕事をしたりすると、一か所に重心がかかり、水分が溜まってしまうため、むくみが起こりやすくなります。 足がむくんでいる時に試着したパンプスは当然ですがむくみが取れると大きく感じます。パンプスの試着はできるだけ健康な状態の足で臨むのがいいでしょう。 脱げやすいデザインのパンプスを選んでいる もともと脱げやすい形をしているパンプスですが、中でも「履き口が浅いもの」は特に脱げやすいデザインと言えます。パンプスの中でも、足を覆っている面積がさらに少ないデザインのものは、かかとがパカパカしてしまう可能性が高くなりますので、より正確にサイズを合わせる必要があるでしょう。 パンプスが脱げる人必見!パカパカせずにパンプスを履く方法 それでは、パカパカしないようにパンプスを履く方法を確認していきましょう。パンプスが足に合っていない原因を知ることは重要ですが、「できるだけ早く対策したい!」という方向けにすぐにできる対策方法も紹介します。 足のサイズ・ワイズが合ったパンプスを選ぶ 足のサイズ(足長)とワイズ(足囲)に合ったパンプス選びは大原則です。 測り方は別記事で紹介しています。 ▽【保存版】自分の足のサイズ知ってますか?今更聞けない正しい足サイズの測り方! https://www.mamian.co.jp/blogs/blog/2020-06-01 測ったサイズを元に、パンプスを選ぶときはサイズ・ワイズいずれの大きさも確認しましょう。 また、靴のプロに測ってもらうことでサイズ、ワイズだけではなく靴選びのコツを教えてもらえることもあります。足の特徴やどのような靴が合っているのか、知っておくと靴選びが楽しくなりますよ。 ストラップ付きのパンプスを選ぶ パンプスが脱げやすいという方は、ストラップ付きのパンプスを選ぶのも手段のひとつです。足を覆っている面積が少ないパンプスでも、ストラップによって靴から足が浮かずに歩くことができます。 ストラップが付いていないパンプスの場合は、市販のシューズバンドを活用できます。また、ストラップが付いていないパンプスでも靴の修理業者など専門店に頼めば、ストラップの後付けができることもあります。 外反母趾を治療する 外反母趾になっている場合、サイズ・ワイズが合っているパンプスを履いても靴の中で足が前につまり過ぎてしまい、パンプスが脱げやすくなります。また、外反母趾を放置して、パンプスを履き続けると外反母趾がひどくなってしまう可能性もあります。...

Read more →

パンプスの歴史や発祥から近年の流行まで

パンプスの歴史や発祥から近年の流行まで

女性らしさの代名詞である「パンプス」は、世界中の女性から愛されています。現在、パンプスやハイヒールを履く女性は減少傾向と言われていますが、それでもオシャレな女性にパンプスは欠かせないアイテムのひとつです。 今回は、女性シューズ専門店のmamianが、パンプスがファッションアイテムとなった歴史について紹介します。 現在のパンプスの発祥は? 1600年代のフランス・パリで履かれるようになった靴がパンプスの原形、と言われています。 (※"ヒール靴"という括りならば紀元前400年の遊女が履いていたもの、とされることもありますが、ここでは”パンプス”の原形についてお話しします。) 1600年代のフランス・パリ。 聞こえこそオシャレで高貴な印象があるものの、このとき登場したパンプスはファッション目的ではありませんでした。 中世のヨーロッパでは、トイレに行って用を足す習慣がなく、建物のなかから投げ捨てたり、庭や木の植え込みのなかで済ませたりしていました。この行為は、ベルサイユ宮殿内でも行われていたくらい当たり前だったのです。 当時の女性が履いていた裾が長くて膨らんだ形をしたスカートも用を足す姿を隠すためでしたが、道や庭が非常に汚かったことから、スカートや靴は歩くとすぐに汚れてしまいます。そこで、厚底靴が注目され始めますが、厚底靴は歩きづらいことからなかなか浸透しませんでした。 そこで、厚底でも歩きやすいように改良されたかかと部分のみを厚底にした靴=ハイヒールが誕生します。 このハイヒールの原形が誕生したあとは、フランスのルイ14世が気に入ったことでファッションアイテムとして広がっていきます。 ハイヒールは履いた時に背筋が伸び、ふくらはぎの筋肉がきゅっと引き締まることで脚線美を生むため、立ち姿が非常に美しいと男女問わず舞踏会で人気を博しました。 パンプスの名前の由来は? パンプスの名前の由来は、近代ヨーロッパで作られた御者用の靴と言われています。 この御者用の靴は、履き口が大きく開いたデザインで、長時間馬車を運転するのに最適でした。馬車を運転する際に、ブレーキペダルを何度も踏む様子が、手押し「ポンプ」の動きと似ていたことが「パンプス」の由来と言われています。 パンプスは履き口が開いていることから、足を長く見せる効果があったためドレス用に転用されていきます。 ルイ14世の時代には舞踏会で男女問わず人気を博したパンプスですが、男性はナポレオン戦争の時期から実用的なブーツを履くようになったため、これ以降は女性用の靴としてデザインされるようになりました。 90年代前半のパンプス 1910年代はファッションアイテムやデザインの種類も少なく、ブーツが主流の時代でした。 ハイヒールのパンプスは、夜会やお祝い事の日に履くもので、デザインも19世紀の印象が強いままです。 1920年代、1930年代には、ファッションにバラエティが出てきて、さまざまな素材・デザインのパンプスが生み出されました。 女性のスカートが少し短くなった時代でもあり、ストラップ付きのパンプスや、カットアウトデザインなどで多くの女性が足元のオシャレを存分に楽しみました。 ハリウッドの全盛期には、人気女優たちの間でセクシーな服装が流行った流れで華やかかつグラマラスなパンプスが流行します。素材には、レザー、着色したレザー、スウェードが使われました。 1940年代は戦争の影響で「非常時に備えた」ファッションが主流に。パンプスもシンプルな色とデザインが主流になり、太いのヒールのものが多くみられるようになってきます 。 40年代に流行したトレンチコートには華奢でエレガントなパンプスよりかっちりしたものがよく似あったので紳士靴風のマニッシュなパンプスも増えていきます。 ちなみにプラットフォームパンプスやウェッジソールの原形が登場したのもこの時代だったようです。 90年代後半のパンプス 1950年代のパンプスは、戦後の晴れやかな雰囲気と相まって、華やかで可愛らしいデザインのパンプスが流行します。ヒールが細いパンプスも再び流行し、露出の多いデザインも増えました。ビニールやプラスチックといった新しい素材も登場し、オシャレの幅が広がった時代です。 1960年代は、カウンターカルチャーの時代。若者文化が広く花開き、左右非対称など斬新なデザインやピンヒールなどが登場します。...

Read more →

「パンプス×靴下」はダサい?誰でもできるオシャレ見せの極意とは!

「パンプス×靴下」はダサい?誰でもできるオシャレ見せの極意とは!

スナップや雑誌でよく見かける「パンプス×靴下」のコーデ。いざ取り入れてみると、「何となくダサく見える…」「子どもっぽいかも…」とお悩みの女性も多いでしょう。しかし、パンプス×靴下はカジュアル系から、トラッド系、きれいめ系まで広く活躍するコーディネートです。今回は、女性シューズを専門に作っているmamianが、「パンプス×靴下」コーデをオシャレにみせる極意を紹介します。誰でもすぐに取り入れられる、おすすめの組み合わせもあわせてチェックしてみましょう。 パンプス×靴下をオシャレにみせるポイントは? まずは、パンプス×靴下コーデがダサくみえる理由を確認します。靴下を買うときは、持っているパンプスに合う丈の長さ・色を選ぶことが大切です。 シンプルで薄い素材の靴下を選ぶ シンプルでシャープな見た目が多いパンプス。パンプスと一緒に分厚い素材の靴下を履くと、どうしても靴下部分だけ膨らんで悪目立ちしてしまいます。派手な柄やフリルがついている靴下も、不自然に目立つためダサく見えがちで取り入れるのが難しいアイテム。パンプスと合わせて履くときは、初めはできるだけシンプルで、薄い素材の靴下を選びましょう。 少し辛口な印象を出す フェミニン系・ガーリー系・ガーリッシュ系・お嬢様系など、かわいらしいファッションにパンプス×靴下を合わすと、かわいい系×かわいい系で子どもっぽい印象になってしまいます。パンプス×靴下コーデをするときは、トップス・ボトムスを落ち着いた色合いでまとめたり、デニムやレザー素材の服を取り入れたりして、辛味をプラスしましょう。 全体的なコーデを引き算で考える パンプス×靴下コーデでは、普段のファッションよりもアクセントとなる要素が1つ増えます。そのため、いつも通りのコーディネートにパンプス×靴下を取り入れると、主張する部分が多くなり全体的にゴチャっとした印象になりがち。そこで、パンプスに靴下をプラスしたときは、どこかファッションのアクセントとなるポイントをマイナスしましょう。トップス・ボトムスをシックな色や無地でまとめると、簡単にアクセントをマイナスすることができます。 ボトムスとパンプス×靴下のバランスに注意する パンツスタイルのときは、うまくパンプス×靴下を取り入れないとダサく見えます。ダサく見えるコーデの多くは、ボトムスの丈と靴下の丈のバランスが合っていないことが原因です。特に半端丈のボトムスを履くときは要注意です。半端丈のボトムスに、半端丈の靴下を合わせると「わざと素肌を見せてる?ただ見えてるだけ?」とダサく見えがちです。半端丈のボトムスにパンプス×靴下を合わせるときは、素肌をしっかりめに見せる、もしくは素肌がまったく見えない丈の靴下を選びましょう。 ダサくみえないおすすめパンプス×靴下コーデ それでは、ダサく見えないパンプス×靴下コーデを紹介します。誰でもすぐに取り入れられる組み合わせばかりなので、ぜひ参考にしてください。 白靴下はどんなパンプスにでも合う万能アイテム! 白靴下は、パンプスの色を選ばず取り入れやすいアイテムです。特におすすめなのが、黒色・ベージュ・赤色・ブラウンのパンプスです。さらに、アニマル柄パンプスやラメ入りパンプスなど、派手なデザインのものとも組み合わせられます。白靴下はパンプスだけでなく、合わせるトップ・ボトムスも選ばないため、パンプス×靴下コーデ初心者でも安心して取り入れられます。全体的に少しシックになりすぎると感じたときは、ラメ入り・シースルー素材の靴下を履くとぬけ感を出すことができます。オールシーズン履ける色なので、季節に合うか悩む必要もありません。 ライトグレーの靴下は主役アイテムの引き立て役 ライトグレーの靴下も、使いやすいアイテムです。ライトグレーは白よりもさらに主張が小さいため、バッグやトップスなど主役アイテムを引き立てる効果があります。また、グレーは寒色なので、辛口要素のプラスにもなります。比較的どんなパンプスでも合わせやすい色ですが、黒色・白色のパンプスや寒色系柄パンプスと合わせるのがおすすめです。シーズンもあまり選びませんが、軽いグレーなら暖かい季節にもぴったりです。 黒靴下は辛口さをアップさせる! 黒靴下も、パンプス×靴下コーデに取り入れやすいアイテムです。黒色は辛口要素が強いため、甘めのコーデの引き締め役となります。例えば、プリーツスカートに白パンプスを合わせたコーデは甘めでかわいらしい印象が強いですが、黒靴下をプラスすることで女性らしくも凛とした辛味をプラスできます。光沢感があるレザー素材・エナメル素材の場合は、さらに強く辛口感が出ます。特に、シックな色のトップス・ボトムスに黒パンプス・黒靴下をあわせるシャープな印象のコーデが人気です。少しアクセントが欲しいという場合は、シースルーレースの靴下を合わせてみてみましょう。黒パンプス×黒靴下なら足長効果も期待できるので、ぜひ試してみてください。そのほか、ダークカラーのパンプスや柄パンプスとも相性が良いためおすすめです。 慣れてきたら指し色靴下に挑戦してみよう! パンプス×靴下コーデに慣れてきたら、ボルドーやネイビー、イエローなど指し色の靴下を取り入れてみましょう。指し色靴下を取り入れるときは、コーデのアクセントは靴下となるため、そのほかのアイテムはシックな色にまとめましょう。バッグやトップスの一部に、靴下と同色を盛り込むと、全体的に統一感が出るため、靴下だけ浮くこともありません。色によっては季節を選ぶため、ネットで参考コーデを探してみるのもおすすめです。 mamianなら手持ちの靴下とパンプスが合わせられる mamianではネット注文いただいたパンプスが、足に合わなかったり、イメージと違いだったりした場合に返品することができます。mamianのパンプスは、日本人女性の足に合うように設計されていますが、人によって足の形はそれぞれなので、試着してみてフィットするか確認しましょう。試着時は、手持ちの靴下とあわせて「普段のコーデに取り入れられるのか」もチェックしてみてくださいね!

Read more →

脱げないパンプスの選び方|足に合ったパンプスとは?

脱げないパンプスの選び方|足に合ったパンプスとは?

女性らしさを演出してくれるパンプスですが、脱げやすい、痛い、歩きにくいと感じている女性も数多く存在します。 パンプスを履きこなすには慣れももちろん必要ですが、足に合っていないパンプスを履いていることが原因で痛く歩きにくいと感じることもかなり多くあります。 足に合わないパンプスは、脱げやすい、痛い、歩きにくいだけでなく足に大きな悪影響を与えることもあるので、しっかり足に合ったパンプスを選ぶことが大切です。 今回は、女性の足を大切に考えているMAMIANが、脱げないパンプスの選び方を紹介します。自分に合った靴を選べば、パンプスでも走れるんですよ! 足のトラブルにお困りの方は、ぜひ参考にしてください。 パンプスが”足に合ってない”ってどういう状態? パンプスが足に合ってない場合は、さまざまなトラブルが発生します。 痛みがないから自分の足と合っている思っていても、実はフィットしていなかったということも多々あります。 下記に該当する場合は、パンプス選びを見直しましょう。 タコや魚の目がある タコや魚の目は痛みが出ることもありますが、気付かないケースもあります。 痛みが出ても出なくても、タコや魚の目ができたら、靴が足に合っていない可能性があります。 偏平足・外反母趾・内反小趾によって痛みが出る 偏平足は、「土踏まずのアーチが崩れること」です。 外反母趾は「親指の付け根が”くの字”に曲がること」、内反小趾(ないはんしょうし)は「小指が内側に曲がること」を指します。 外反母趾と内反小趾は併発しやすく、痛みが増大しやすくなります。 足のトラブルは足に合っていないパンプスを履き続けることで生じることもあればそうでない場合もありますが、いずれも足の正常な状態ではないため、痛みが出だした場合、ひどくなった場合はパンプスが足に合っていない可能性が考えられます。 足が靴の中で動く・前にすべる 足が靴の中で動いたり、前にすべったりする場合も靴が合っていない可能性が考えられます。 パンプスの中で足が動くと、かかとや指が擦れるため、靴擦れしやすくなります。 特にかかとがパカパカしている場合は、足に悪いだけでなく、見た目にも悪いため、すぐにでもパンプスを買い替えましょう。 脱げないパンプスの選び方 足に合っていないパンプスを履いている人は、正しい選び方をぜひ覚えてください。 自分の足に合ったパンプスを選べるようになれば、毎日のおしゃれがもっと楽しくなります。 大きな靴を選ばない パンプス選びでは、多くの人が本来のサイズよりも大きな靴を購入しています。 多くの人が締め付けられると感じるからワンサイズ〜ひどい場合だとスリーサイズも大きなパンプスを選んでしまうのです。 しかし、大きな靴を履くのはまったくもって逆効果。 大きいサイズを選ぶとそれだけ靴の中にゆとりができてしまい、フィットしなくなります。 フィットしないことで足がパンプスの中で動くようになり、つま先が圧迫されたり、かかとが擦れたりして余計に痛みが生じるのです。...

Read more →