サンダル/ミュール



涼しげな印象を与えるサンダル・ミュールは、夏に欠かせないファッションアイテムです。

夏のファッションスタイルは、シンプルになりがちなので、カラフルでおしゃれなサンダルやミュールであればファッションのアクセントとなります。もちろん、シンプルなサンダル・ミュールを合わせることで、落ち着いた印象に仕上げることもできます。

クールにまとめたいとき、可愛らしくもラフな印象にまとめたいときなど、その時々のスタイルに合わせて、サンダル・ミュールを選んでいきましょう。

軽やかな印象を作り出すサンダル・ミュールですが、いずれも足を抑えている部分が少ないため、足への負担が大きくなり、「靴擦れ」や「足の疲れ」につながってしまう可能性があります。サンダル・ミュールを選ぶ時は、以下の点に注意して自分に合った靴を選んでください。

サンダル・ミュールの選び方①歩いたときに足はしっかり固定されている?

サンダル・ミュールは足を押さえている部分が少ないため、どこが固定されているのかで、歩いた時の安定性が変わります。ミュールであればアッパー(足の甲を覆う部分)が小さすぎる・足の甲とフィットしていない場合は靴が脱げてしまったり、靴擦れになったりします。サンダルの場合は、ストラップが足首やくるぶしに無駄に当たらないか、確認しましょう。

サンダル・ミュールの選び方②かかとは少し靴からはみ出している?

サイズが小さい靴は足を痛める…と思われがちですが、サンダル・ミュールに関してはかかとが2~3㎜程度はみ出るぐらいが、ヒールから足への線が綺麗に流れて見えます。かかとが、靴の内側にある場合は、サンダルが馴染んでくることで足が前に詰まりすぎてしまう可能性があります。ただし、つま先が靴からはみ出してしまうのはNGです。

サンダル・ミュールの選び方③土踏まずのアーチと靴のアーチがマッチしている?

土踏まずの位置に、靴のアーチがしっかりと合っているかどうか、を確認しましょう。アーチが合っていないと、指の付け根が痛くなったり、疲労がたまって足全体に痛みを感じたりします。足を抑える部分が少ないサンダル・ミュールは、負担を少しでも減らすために、足と靴が一体となるものを選びましょう。軽微なズレは、インソールを入れて履くのがおすすめです。

【MAMIAN】では、ヒールの高さやデザインの種類が豊富にそろえることで、さまざまなコーディネートにマッチするサンダル・ミュールを揃えています。自分の雰囲気や足にフィットしなかった・サイズが合わなかった場合には、返品も可能です。気になる商品を気軽に試し履きしてみてください。

お気に入りのサンダル・ミュールを楽しく・快適に履きこなして、夏を満喫しましょう。