ハイヒールなどを通販や店頭で購入する際のポイント

靴の起源について

私たちが毎日特別な意識をすることなく使用しているものの一つに靴が挙げられます。今では私たちの日常がより合理的に送れるよう、よりファッショナブルに楽しめるよう、数多くの種類やデザインで私たちを満足させてくれるアイテムへと変化を遂げました。しかし、靴が現在の形に至るまでには、長い歴史の中で数多くのターニングポイントがありました。 まず最初に靴の起源ですが、これはとても古く、起源前2500年頃のエジプトまでさかのぼると言われています。それ以前は裸足で生活していた人間が、紐で靴底と足を固定する、今で言うサンダルのような形状の靴を履いていたことが壁画や遺物など多くの歴史的遺産から推測されています。この当時靴を履く人はある程度の身分を保持した人のみで、現在のように誰もが使用するような一般化したものではありませんでした。 様々な時代の中でその時々の社会の影響を受けながら、紀元前400年代のギリシャでは背を高くみせるためのヒール、1600年代にはフランスのパリを中心に現在のパンプスの形によく似たハイヒールというものが登場しました。背を高く見せる目的から男性もヒールを履いていたのに対し、1789年のフランス革命以降はハイヒールは女性のものとなり、男性はブーツタイプの靴を履くようになりました。 このような西洋タイプの靴が徐々に日本に浸透していったのは幕末期だと言われています。幕末期は鎖国が薄れた時代背景の影響で、靴以外にも多くの西洋文化が流入した時代でもありました。それ以前の部屋の中では靴を履かない文化の日本では、脱ぎ履きしやすい下駄や草履が主流でしたが、徐々にお洒落を意識した靴や、より安全性の高い西洋靴が浸透し、一般化していきました。今では欧米同様、様々な種類やデザインの靴が日本でも多く生産され、店頭だけではなく、通販という形でも多くの人に販売されています。

靴を入手する場所は店頭がいいのか通販がいいのか

靴を購入する場合、大きく分けて2つの方法があります。1つ目は店頭で直接購入する方法で、私たちの多くが慣れ親しんでいる方法です。店頭で購入をする大きなメリットは、デザインの細部や色の風合いを確かめたり、素材の固さなどを直接肌で感じたりすることができる点です。そして最大のメリットと言えば、その場でフィッティングをすることが可能だということです。これは通販にはない大きな利点でしょう。 次に、靴を購入する2つ目の方法は通販です。通販はやはりいつでも好きな時間にどこからでも購入をすることができる点が利点で、種類も豊富に取り揃えられているところが魅力です。 靴の購入時に必ず決めなくてはならないものの1つがサイズです。しかし、サイズは同じ表記であっても、メーカーによって大きさや幅に多少の違いがあります。いつもと同じサイズの靴を購入したけれどサイズが合わなかったなどの失敗を避けるためにも、初めてのメーカーの靴を購入する時には一度お店でフィッティングをしたり、交換が自由な通販サイトを利用したりなどの工夫が必要です。通販を利用することで得られる利便性のメリットと、店頭販売でしか叶わないフィッティングのしやすさを上手く掛け合わせて、より合理的に自分に合った靴の購入を行うようにしましょう。 また、靴を選ぶ際に注意したいのがTPOに合った靴選びです。場面によってはヒールのある靴を履くべき場合や、エナメル素材の靴は不適切な場合などがあり、服を選ぶ際と同様に靴もTPOに合ったものを選ぶことが求められます。スニーカーやパンプスなど靴の種類、ヒールの有無などをよく検討し、その時々にマッチする靴選びを心がけることが大切です。そしてヒールのある靴の場合は、長時間履いても疲れにくい靴かどうかも判断基準の1つとなります。

店頭でも通販でもお得な購入方法を

最近では多くのお店が購入金額に応じてポイントを付与するポイント制度を導入しています。誕生月での購入ではポイントが倍付与されるなど、様々なイベントを行っている場合もあるので、ホームページ等の情報をこまめにチェックすることが重要です。 その他には近年のSNSの普及を利用して、お店のアカウントをフォローすると一定のポイントを進呈するというような試みを行っているお店もあります。SNSでお店のお得な情報を得られるだけでなく、ポイントもゲットすることができるので、次回の靴の購入をよりお得にすることが可能です。 私たちの毎日を足元から鮮やかに彩るツールとしてハイヒールやスニーカーなどの靴は存在します。洗練された全身のコーディネートに靴を欠かすことはできません。一昔前には多くの人が店頭で靴を購入していましたが、現在では無数の商品を通販にて購入することが可能となっています。サイズ感がつかめないという理由から通販での購入をためらっているのであれば、一度店頭にてフィッティングをしてみたり、他の人が投稿しているレビューを参考にしたりするなどの工夫をしてみましょう。履き心地も良く、自分の足にフィットするお気に入りのメーカーと出会えることができたのなら、次回から購入する際にも不安が少なくなります。特にヒールのような足に負担のかかりやすい靴の場合、形にこだわり職人が一足一足丁寧に作ったものを選ぶことをおすすめします。