パンプス


女性の美しさを引き出してくれるパンプス。

普段のお出かけ・通勤・通学・冠婚葬祭への出席など、どんなシーンでも活躍するアイテムです。そんなパンプスは、シーンや気分・季節によって、履き分けてみましょう。毎日パンプスを選ぶことで、いつでもその時1番の自分を演出することができます。

パンプス選びは5つのポイントをチェックしてみて!

女性の中には、パンプスを履くと足が痛くなる…という方もいらっしゃるでしょう。そんな時は、MAMIANの「日本人女性の足に合うように設計されたパンプス」を履いてみてください。とにかく足への負担が小さいことを、実感いただけるはずです。

試着してみた時には以下の5つのポイントに絞って、自分の足とフィットしているか確認してください。

1つ目のポイントは【足の幅】です。足の一番広い場所がぴったり合うか要チェック。

2つ目は【つま先は1~1.5cmの余裕をもって】です。ぴったりではなく、少し隙間がある程度が足に合うパンプスといえます。

3つ目は、【1本ずつの指の下をしっかり包み込んでくれるか】です。親指から小指まで均等に体重が加わるようにしましょう。

4つ目は、【かかとの深さはバランスが大切】です。浅すぎると体重を十分に支えきれません。深すぎると、靴擦れを起こしてしまいます。くるぶしまでは来ないようにするのがポイントです。

5つ目のポイントは、【メーカーによってサイズを確認する】です。靴のサイズや形は、メーカーによって少しずつ変わります。いつものサイズやつま先の形にこだわらず、少しずつ違うパンプスを履き比べてみましょう。

ヒールの高さ別!ファッションコーデに合うパンプスとは?

パンプスのヒールは、足を長くみせてくれる効果があります。

MAMIANではヒールの高さを3つに分けてご案内しており、パンプスを履くシーンに合わせてお選びいただけます。ヒールの高さにあったファッションをご紹介するので、いつものコーディネートの参考にしてみてください!

<ローヒール(1~5cm)のパンプス>

安定感がある高さです。カジュアルコーデ・スポーティーコーデにおすすめ。パンツスタイルとも相性バツグン!たくさん歩いても足への負担が少なくて、子供の送り迎えや通勤・通学にも気軽に使えます。

<ミドルヒール(5.5~8.5cm)のパンプス>

上品で余裕のある大人な女性を演出してくれる高さです。フェミニンコーデ・きれいめコーデ・モード系コーデなど幅広いファッションに合わせられます。高すぎないので、脚長効果を保ちつつ歩きやすさもばっちり!ロングスカートからショートパンツまで幅広くフィットするため、履きまわしがしやすい高さです。

<ハイヒール(9cm~)のパンプス>

女性らしさ・エレガントさを前面に出すことができる高さです。特に足を長く、きれいにみせることができます。相性が良いのは、もちろんエレガントコーデ!お祝いの席や記念日のドレススタイルにもぴったりです。