サンダルやミュールの中底巻に関しまして

こちらはサンダルやミュールに使用される中底(ボール)の未加工状態となります。白く見える表面の地や、茶色く見える側面の地を隠す目的で、中敷きの貼り付けの他、オカキ巻・ボール(中底)巻と呼ばれる作業が必要となります。

サンダルやミュールはパンプスのように覆いかぶさる甲革が存在しないため、中底(ボール)の地を隠す目的で、本体に合わせた素材を中底に貼り付ける工程が必要となります。画像は、オカキ巻と呼ばれる中底の爪先部分に素材を貼り付ける作業がされた状態となります。

次に、中底の側面にも本体に合わせた素材を貼り付けるボール(中底)巻が施されます。この後、様々な工程を踏んで、最後に中敷き(インソール)が貼られます。

職人の手作業により、ボール巻とオカキ巻の切り替え部分に隙間ができないよう、細心の注意を払って作業をおこなっておりますが、貼り付ける素材の伸縮性などによっては隙間が発生しやすいケースがございます。この隙間は、革が裂けている・切れているといったものではありませんので、ご安心くださいませ。