さまざまなシーンごとの靴の選び方についてのポイント

mamian_column_20180913_8  

ビジネスパンプスの選び方

ビジネスシーンでパンプスを履く機会はたくさんあります。そんなときにどのようなものを選べば良いのか説明します。ビジネスシーンでは長時間履き続けることが多いです。そのため、自分の足に合った履きやすいものを選ぶべきです。快適に利用できるものを使うことによって、足を痛めることがなく、活動しやすくなるのです。

選び方としては、まず足の幅が合っていることを確認してください。足の幅が合わないと痛みが生じてしまうことがよくあります。足の指の部分に余裕があることも確認しましょう。窮屈なものはタコができてしまう原因となってしまいます。くるぶしやかかとの高さが合っているものを利用しましょう。靴ずれを避けるためにも重要です。前刷りしないものを選びましょう。足へのダメージを避けることができます。かかとはしっかりとフィットしているものを選びましょう。痛みを避けるために大きめのサイズを選ぶ方がいるのですが、これは逆効果となってしまいます。余計足にダメージを与えてしまうでしょう。

靴底についてはかかと部分がしっかりと硬さがあり、安定感があることが重要です。中底はある程度厚みがあり、クッションのついているものを選ぶと良いでしょう。ヒールは重心がかかとの中心にあるものを選んでください。これが一番安定しているからです。

以上の点を意識しながら自分の気に入ったデザインのパンプスを購入すると良いでしょう。そうすれば、ビジネスシーンで活躍してくれる使い勝手の良いパンプスを見つけることができます。さまざまなブランドがあるため、じっくりと選びましょう。

ビジネスシーンで活用したいならば、実用的で機能的であり、デザインは無難なものが良いでしょう。条件に合ったものを見つけましょう。

 

パーティーパンプスの選び方

パーティーパンプスというものがあります。こちらをきちんと選ぶことによって、あらゆるシーンで使うことができるでしょう。

結婚式や成人式、同窓会などで利用することができます。 さまざまなシーンで使えるものを選びたいならば、フォーマルな場における靴のマナーについて理解しておくべきでしょう。

また、オープントゥやかかとの見えるものはNGです。2色に分かれているバイカラーの靴もアウトです。ヒールがなかったり、またヒールが太すぎるものも避けましょう。

プリント柄やアニマル柄のものもマナー違反となっています。ファーがついているものも駄目です。これらに当てはまらないものであれば、どのような場面でも使うことができます。

日常使いするものとは別にパーティーパンプスを用意しておけば、もしものときにも慌てなくて済むでしょう。

また、シューズクリップを用意しておくのも良いでしょう。こちらをパンプスにつけるだけでとても印象が変わるのです。フォーマルな場に履いていくならば、足元にもこだわるべきでしょう。パーティーパンプスを購入しても、物足りなさを感じているならばシューズクリップを利用するという方法があります。

色としてはブラックがベーシックな色となっています。肌なじみが良いものはベージュでしょう。また、シャンパン系カラーもおすすめです。これらを複数個持っておくと、それぞれの場に合わせて使い分けることができるでしょう。

通販で購入するならばサイズには気をつけておきましょう。よくデザインについて確認して、満足できるものを買ってください。

 

デートの際の靴の選び方

デートの時にはどんな靴を履けば良いのか悩んでしまうことが多いでしょう。大好きな彼氏に嫌われないように、自分の魅力をアピールできるようなものを選びたいものです。そのためのポイントを紹介します。

まずはどこに行くのかを考えて、それぞれのシーンに合ったものを用意すべきです。おしゃれなレストランへ行くときとカジュアルな場所へ行くのかによって、履くべきものは異なっているのです。また、デート中にたくさん歩くことになるのであれば、機能性を重視することになります。また、女性にとっては可愛らしくても男性から見ると引かれてしまうようなものもあります。キラキラビジューが付いているようなものは避けた方が良いでしょう。

彼氏がどのような服を着てくるのかによっても履くべきものは変わってくるでしょう。カップルとしてのバランスを考えるべきです。バランス感が良ければ、周りからの目も変わってくるでしょう。たとえば横に並んだときのバランスを考えてヒールの高さを検討することも大切です。

ファッションとして全体のバランスをきちんと確かめることも大切です。また、トレンドにあまり振り回されないようにしましょう。トレンドを意識してしまうと際限なく靴が増えてしまうことになります。パンプスやサンダル、スニーカーなどいろいろな種類がありますが、それぞれ1つずつ持っていれば十分でしょう。それをシーンによって使い分ければ良いのです。 あまり派手なものは用意せず、シンプルなものを準備しておけば、どのような場面でも活躍してくれます。


人気の記事