女性がオフィスで履く靴を選ぶ際のポイントについて

mamian_column_20180913_11  

靴の種類について

女性がオフィスに履いていく靴はどのような種類を選べば良いのでしょうか。まず、オフィスカジュアルを許可しているならば、スニーカーを履いていける場合があります。基本的にはNGとしている企業が多いのですが、最近はスニーカーでも良いという風潮が出てきているのです。運動をすることが推奨されており、そのためには歩きやすい靴が適しているという意見があります。たとえばひと駅分歩こうとなるとスニーカーを履いて通勤できる方が都合が良いでしょう。もしスニーカーが許可されているとしても、選び方には気をつけましょう。できるだけ落ち着いた色を選ぶべきです。あまり派手なデザインのものを使ってはいけません。明らかにスポーツ用に見えてしまうデザインも避けるべきでしょう。色としては黒やグレー、茶色、紺などを選ぶと良いでしょう。汚れやすいため、できるだけ常にキレイな状態にしておくといいでしょう。 基本的には女性がオフィスに履いていくものとして一般的なものはパンプスでしょう。しかし、さまざまな種類があるためどれを選べば良いのか迷ってしまうことも多くあります。あまりヒールが高すぎたり、細すぎるものを選ぶべきではありません。そもそも移動しにくくなってしまうでしょう。スカートにもパンツスタイルにも合うためコーディネートについてはそれほど悩む心配はないのです。ただし、パンツスタイルの場合にはボトムスの裾とヒールの高さのバランスには注意するようにしておきましょう。 基本的にはスニーカーかパンプスのどちらかを選択することになるでしょう。それぞれのオフィスによって決まり事は異なっています。ルールに違反するようなものを履いてはいけません。そのため、まずはルールや決まりをチェックしましょう。

 

NGなものとは

女性がオフィスに履いていくのにNGな靴とは一体どのようなものでしょうか。色については、黒や茶色、ベージュといったものが良いでしょう。ヒールの高さについては5cmから7cm程度のものがおすすめです。あまり高すぎてしまうと歩く度に音がなってしまい、不快感を与えてしまいます。不安定であり、歩きにくくて仕事にも影響を与えてしまうでしょう。また、どのような靴であっても基本的に汚れているものはNGとなります。そのため、できるだけ複数の靴を用意してそれをローテーションして履き替えていく方が良いでしょう。何かがあって汚れてしまったときでも、別のものを履いていけるからです。また、定期的にメンテナンスをしておきましょう。 あまりに高価なものも避けるべきです。安いものは避けるべきという意見があるのですが、かといって高すぎれば良いというわけでもないのです。ハイブランドのものは悪い印象を与えてしまう可能性が高いです。できるだけ目立たなくて無難なものを選択するのがビジネスの場においては鉄則となります。目安としては1万円を超える程度のもので良いでしょう。10万円を超えるようなものは高価すぎてしまいます。 派手なデザインが施されているものはNGです。ヒョウ柄になっていたり、ラインストーンがついていたり、真っ赤な靴などは避けてください。できるだけ無駄な装飾が一切施されていないものを選ぶべきです。 また、靴の履き方にも注意しましょう。サイズが大きすぎて常にパカパカ音がなっていたり、かかとを踏んでいたり、だらしなく履くのはやめてください。最低限守るべきビジネスマナーです。

 

パンプスの選び方

女性がオフィスで履くことが多い靴はパンプスです。それではどのようなパンプスを選ぶべきなのか、そのポイントを紹介します。 パンプスはきちんと選ぶことができないと足を痛めてしまう可能性があります。痛くないパンプスの選び方を知っておくことは大切です。まずヒールに横幅のあるものを選びましょう。ヒールというのは太い方が安定感が増すのです。そのため、横幅を重視しましょう。また、ねじれにくいものを選んでください。パンプスにはジャンクというものが入っています。これは金属の板であり、これがしっかりと硬いものはねじれにくくて足が痛くなりにくいというメリットがあります。良いパンプスの条件といえるでしょう。 また、靴底が前から3分の1のところでしっかりと曲がることが大切です。ここがきちんと曲がることによって、指先によって地面を蹴れるようになるのです。柔らかすぎるものではどの部分でも曲がってしまうためNGです。逆にまったく曲がらないものもいけません。 パンプスのかかとから側面にかけての部分にカウンターという芯が含まれています。これは長くて硬いものを選びましょう。柔らかいとしっかりと足を支えることが困難になってしまいます。足が疲れやすくなってしまうでしょう。実際に触って確認してみてください。 痛くなくて疲れにくいという評判のあるブランドを探してみましょう。ブランドごとにパンプスの質というのは大きく異なっているのです。上記の点を参考にしながらパンプスを選んでください。そうすれば、失敗することはなく自分に合ったものを選択することができるでしょう。


人気の記事