コンフォート シューズとは?靴選びのポイントと注意点を解説!

靴屋さんやネットショップで、「コンフォートシューズ」という言葉を見たことがあるでしょう。しかし、具体的にコンフォートシューズがどのような靴かご存知でしょうか? 履きやすそうだからとコンフォートシューズを選んでも、歩きやすい靴とは限りません。今回は、靴のプロmamianが「コンフォートシューズ」の正しい理解についてお伝えします。

コンフォートシューズとは?

コンフォートシューズとは、健康的で履き心地の良い靴のことを指します。「comfort」が快適さ、心地よさ、痛みを和らげるなどの意味を持つことから分かるように、足の健康を考えて設計された靴、足や体への負担が小さい靴に対して使われます。明確な定義はなく、自分にとって履きやすい靴、足に合っている靴がコンフォートシューズとなります。 たとえば、”外反母趾の人も履ける”というコンフォートシューズであっても、自分が履いてみたら痛みを感じることはよくあります。人はそれぞれ、サイズとワイズはもちろん、足の形、甲の高さ、土踏まずの位置、歩き方のクセなどが異なります。そのため、体に負担の小さく、正しく歩けるコンフォートシューズを探し出すことが重要となります。

コンフォートシューズの特徴と靴選びのポイント

コンフォートシューズに明確な定義はありませんが、足の負担を軽減する設計や工夫に着目することで、自分に合った靴を見つけやすくなります。そのため、コンフォートシューズとして設計されている靴の特徴を確認しておきましょう。

伸縮性がある

足の大きさは、朝と夜、体調などによって変化します。足がむくんでしまったときでも足の負担が大きくならないよう、伸び縮みする素材が使われていることが重要です。 具体的には、本革、良質な合皮は、自然と足にフィットしてくれるためコンフォートシューズによく使われる素材です。反対に、エナメルや一般的な合皮は伸びにくく、足にフィットしにくい傾向があるため、コンフォートシューズを選ぶときは伸縮性のある素材かを確認しましょう。

つま先にゆとりがある

立ったとき、歩くときは、体重がかかって足裏の長さが少し伸びます。また、ヒールが高い靴であれば、少し前に滑ってしまうものです。そのため、靴を選ぶときは、つま先にゆとり(捨て寸)があるデザインであることが重要です。 つま先が詰まりすぎていると、外反母趾になったり、ハンマートゥになったり指が変形してしまう恐れがあります。しっかり地面を指でとらえることができる、蹴りだせるように、つま先のゆとりには要注目です。

衝撃吸収性がある

歩くときはどうしても足に衝撃がかかります。とくに、アスファルトやコンクリートの地面を歩くことが多い現代では、土の上を歩くときよりも足にかかる負担が大きくなります。そこで、足を守るためには、歩くときの衝撃を吸収してくれる素材や設計が用いられた靴が必要です。衝撃吸収性が低い靴は、足だけでなく、膝や腰、姿勢など体全体に影響が出るため避けましょう。 衝撃を和らげる方法は、クッションなどで足の一か所にかかる重さを分散させたり、ローリング性能で体重移動をサポート&適切な歩行を誘導してくれたり、とさまざまです。どのような設計なのか購入前に確認すると良いでしょう。

ヒールが低い

女性であれば、ハイヒールの靴を履きたくなるものです。しかし、ヒールが高い靴は足や体への影響が大きいため、ローヒールであることはコンフォートシューズとしてのポイントの1つです。3cm以内のものであれば、つま先に過剰な負担がかかりにくいためおすすめです。 ただし、ヒールが低ければ良い、というわけではなく、衝撃吸収やローリング性能がなければ、足への負担が大きくなります。靴底には適度な厚さがあるほうが足へのストレスが軽減されるため、デザインについても確認することが重要です。ハイヒールを履きたいという場合は、ヒール以外のポイントでコンフォートシューズとしてのデザインが採用されているものを選ぶと良いでしょう。

コンフォートシューズを探すときの注意点

コンフォートシューズは人によって違うものです。そのため、コンフォートシューズを探すときは「試着する」「合わない靴は履かない」ようにしてください。 試着するときは、足がむくんでいないとき、足がむくんでいるとき、歩いたときなど、異なる状況でのフィット感を確かめてください。ただ単に、履いてみただけでは、指が当たる場所や痛みを感じる箇所が分からない可能性があります。 また、試着時にフィットしていても、しばらく履いていると痛みや靴擦れが発生する場合もあります。足に合わない靴を履きつづけ、足や体に負担がかかりすぎると、高齢になった際に自分の足で歩けなくなるリスクがあります。靴が足に合わないと感じたら、履かないようにすることも重要です。

mamianならコンフォートシューズが見つかるかも!

mamianの靴は、日本人女性の足に合うように設計されています。多くの女性が靴擦れや足の痛みに悩むパンプスも、つま先の形、サイズ、素材を変えて多くの商品を展開しております。また、ネットでご注文いただいた商品も返品いただけるため、家で試着してみることもできます。他では見つからなかった自分のコンフォートシューズを、ぜひmamianで探してみてださい。

人気の記事