パンプスが脱げる原因と対策!かかとのパカパカはもう卒業!

パンプスが脱げる原因と対策!かかとのパカパカはもう卒業!
脚長効果や美脚効果があるパンプスは、女性のファッションアイテムとして欠かせないアイテムです。仕事柄、ビジネスルールとして着用が必要な方も多いでしょう。 一方で、パンプスに関して最も多いのが「かかとがカパカパする」「パンプスが脱げる」という悩みです。今回は、レディースシューズ専門店のmamianが、「パンプスが脱げる理由とその対策」を徹底解説します。

かかとがパカパカ浮く・脱げる原因は?

パンプスを履いた時にかかとがパカパカする場合、パンプスが足に合っていないという証拠です。そもそもパンプスは足を覆っている面積が少ないため、自分の足にしっかりとフィットしていないとすぐに脱げてしまいます。 かかとがパカパカしているパンプスを履いている女性は、せっかくオシャレに決めていても、だらしない印象を与えてしまうことも。「かかとがパカパカしているまま履いちゃってる!」という方がいたら、どうしてパンプスが脱げてしまうのか、まずは原因を突き止めましょう。

パンプスのサイズが大きい

パンプスのサイズが大きいと、どうしても隙間ができてしまうため脱げやすくなります。 「いつも通りのサイズのパンプスを履いてるけど?」という方もいるでしょうが、実は表記のサイズだけでは、その靴が自分の足に合っているか確認できません。また、ヒールのあるパンプスを履くとつま先に足が少しズレる(滑る)ため、ぴったりと思っているサイズの靴でも、実際はサイズが大きかったというケースもよくあります。

左右の足の大きさが違う

人の足の大きさは左右で異なります。そのため、片方の足にフィットするパンプスでも、もう片方の足には大きすぎたり、小さすぎたりします。人によっては、左右の脚の長さが異なることもあり、脱げないパンプスを選ぶためには自分の足の特徴を知ることも重要です。 「パンプスのサイズが大きい」「左右の足の大きさが違う」この2点はサイズをきちんと測れば解決します。

むくみで足の大きさが変わる

人間の足の大きさは、むくみによって朝と夜で5%も異なると言われています。むくみは、体内にある水分のコントロールが上手くできなくなることで起こります。長時間同じ姿勢でいたり、立ち仕事をしたりすると、一か所に重心がかかり、水分が溜まってしまうため、むくみが起こりやすくなります。 足がむくんでいる時に試着したパンプスは当然ですがむくみが取れると大きく感じます。パンプスの試着はできるだけ健康な状態の足で臨むのがいいでしょう。

脱げやすいデザインのパンプスを選んでいる

もともと脱げやすい形をしているパンプスですが、中でも「履き口が浅いもの」は特に脱げやすいデザインと言えます。パンプスの中でも、足を覆っている面積がさらに少ないデザインのものは、かかとがパカパカしてしまう可能性が高くなりますので、より正確にサイズを合わせる必要があるでしょう。

パンプスが脱げる人必見!パカパカせずにパンプスを履く方法

それでは、パカパカしないようにパンプスを履く方法を確認していきましょう。パンプスが足に合っていない原因を知ることは重要ですが、「できるだけ早く対策したい!」という方向けにすぐにできる対策方法も紹介します。

足のサイズ・ワイズが合ったパンプスを選ぶ

足のサイズ(足長)とワイズ(足囲)に合ったパンプス選びは大原則です。 測り方は別記事で紹介しています。 ▽【保存版】自分の足のサイズ知ってますか?今更聞けない正しい足サイズの測り方! https://www.mamian.co.jp/blogs/blog/2020-06-01 測ったサイズを元に、パンプスを選ぶときはサイズ・ワイズいずれの大きさも確認しましょう。 また、靴のプロに測ってもらうことでサイズ、ワイズだけではなく靴選びのコツを教えてもらえることもあります。足の特徴やどのような靴が合っているのか、知っておくと靴選びが楽しくなりますよ。

ストラップ付きのパンプスを選ぶ

パンプスが脱げやすいという方は、ストラップ付きのパンプスを選ぶのも手段のひとつです。足を覆っている面積が少ないパンプスでも、ストラップによって靴から足が浮かずに歩くことができます。 ストラップが付いていないパンプスの場合は、市販のシューズバンドを活用できます。また、ストラップが付いていないパンプスでも靴の修理業者など専門店に頼めば、ストラップの後付けができることもあります。

外反母趾を治療する

外反母趾になっている場合、サイズ・ワイズが合っているパンプスを履いても靴の中で足が前につまり過ぎてしまい、パンプスが脱げやすくなります。また、外反母趾を放置して、パンプスを履き続けると外反母趾がひどくなってしまう可能性もあります。 外反母趾になっている場合は、まず治療してから自分の足に合ったパンプスを選びましょう。

中敷きやストッパーを活用する

「足の大きさが左右で違う」「すぐに対策したい」という場合は、市販の中敷きやパンプス用のクッション、かかとに貼るストッパーなどを活用しましょう。オーダーメイドのパンプスでない限り、自分の足にぴったりフィットする靴を選ぶのは難しいものです。 足に合うパンプスが見つからないときは、市販のシューケア商品でパンプスを自分の足に合うように調整してみましょう。

まとめ

今回は、パンプスを履いたときに、かかとがパカパカしてしまう原因と対策を紹介しました。 mamianのパンプスは、日本人女性の足を研究して設計しております。しかし、足の形やサイズ・ワイズによっては合わないこともあります。そのため、mamianでは通販で購入いただいたパンプスでも自宅で履いたあと、足に合わない場合はキャンセルが可能です。お気に入りのパンプスが見つかったら、ぜひ一度お試しください。
20%OFFFクーポン配布中

ただいま1万円以上のお買い物で使える 20%OFFクーポンを配布中! SALEアイテムも新作サンダルも対象。

2021 S/S Collection

2021年春夏コレクション。ベーシックなアイテムからトレンドが詰まったアイテムまで。

iCoN Colors 2021SS Collection

運命を感じるほどの感動の履き心地。iCoN Colors 2021春夏コレクションが登場。

iCon2 Foundations

それはまるで、履くコスメ。自分にぴったりのカラーが見つかる、ファンデカラーパンプス!

QIBIS

mamianのハイエンドシューズブランド、QIBIS(キビス)が登場。

サンプル&アウトレットストア「230」

世界に一足のサンプルやアウトレット商品を中心にご提案!

立体ウレタンマスク

靴のプロ、神戸の靴メーカーmamianが本気を出して作ったマスク。

ALL-WEATHER(晴雨兼用)

急な雨でも安心の"晴雨兼用"フラットシューズがmamianから新登場。

mamianの人気アイテム一覧