自分に似合うフラットパンプスの選び方

mamian_column_20180913_19  

ぺたんこ靴でおしゃれ度をアップする

おしゃれが大好きな人でも、頭からつま先まで完璧にコーディネートするのは、なかなか難しいことです。本当は小物や靴も洋服に合わせて揃えたいと思っていても、気に入ったものを全部買えるわけではないからです。予算の都合はもちろん、洋服やバッグ、靴の収納スペースの問題などから基本的なアイテムだけで妥協しているという人も少なくありません。例えば靴なら、カジュアルな洋服の時に履くスニーカーと、何にでも合わせやすい黒のパンプス以外は、夏の定番サンダルと冬の必需品ブーツが1足ずつあれば、なんとかコーディネートは成立します。しかし実はおしゃれの仕上げは足元です。外出する時に最後に身に付ける靴によって、コーディネートの印象はガラリと変わってしまうこともあるのです。 ブラウスにひざ下丈のフレアスカートのような清潔感のある装いは、オフィスでもしっくり馴染みます。この服装に少しかかとの高いパンプスを合わせると、確かに安心感があります。では、ぺたんこ靴にすると一気にカジュアルダウンするかというと、そうではありません。モノトーンやベージュの落ち着いた色のフラットパンプスなら、きちんと感をキープしながら軽やかで動きやすい印象を与えることができます。 休日のショッピングにも、ぺたんこのフラットパンプスは大活躍します。歩き回っても疲れにくいので、少しぐらいなら重いものや大きいものを買っても持ち運ぶことができます。ヒールのある靴やスニーカーに比べて脱いだり履いたりしやすいので、洋服の試着などの時も便利です。試着した服と自分の履いてきた靴のイメージが合わない時などは、その服が似合っているのかどうか分かりにくい時もあります。その点フラットパンプスならカジュアルなパンツにもきれいめのワンピースにも合うので、買いたい洋服が自分に似合うかどうか、よく見極めるためにも役立ちます。

 

フラットシューズを選ぶ理由

フラットパンプスはヒールがないので、疲れにくく歩きやすいというのが人気の理由です。それだけではなく色や形を選ぶことで、きちんと感もこなれ感も演出できるという点で、おしゃれ感度の高い人にとってもマストアイテムになっています。あまり流行や季節に振り回されることなく、一年中履くことができ、合わせる洋服によってイメージが変化するというのも支持されている理由の一つです。 またフラットシューズは色や形のバリエーションも豊富です。同じ形のバレエシューズでも十種類以上の色を揃えているブランドもあります。オフィスなどではシックな色、お出かけの時には、鮮やかな色をさし色に使うこともできます。素材もスエードやエナメル、形もポインテッドトゥやラウンドトゥなど、何足も揃えたくなるバリエーションです。また旅行などでも観光スポットを歩き回るので、フラットシューズが便利です。どんな洋服に着替えても靴が浮いてしまうことがないように、茶色や濃紺などを選ぶと安心です。 スタイルに自信がない人にとって、ぺたんこ靴は手を出しにくいかもしれません。ヒールのある靴を履くと背が高く見えたり足が長く見えたりします。それに比べてフラットパンプスやスニーカーでは、よけいにスタイルが悪く見えてしまうのではないかと心配する声もあります。ヒールのある靴を選ぶと足長効果があるのは確かですが、足が長く見えることと、おしゃれであるというのはあまり関係はないでしょう。高いヒールの靴が似合わない洋服や体型もあります。大事なのは全体のコーディネートとのバランスです。

 

コーディネートのコツ

ヒールがない靴でも足を長く見せたい時は、ウエストの位置を高くすると効果的です。ハイウエストのボトムスを選び、トップスをインすることによって、スタイルアップ効果が期待できます。または丈の短いトップス、ハイウエストや胸の下で切り替えのあるワンピースなどでも同様の効果が得られます。ベルトを使う時も、やはり高めの位置でウエストマークすることで足長効果ときちっと感だけでなく、細見えも期待できます。 中途半端な長さでコーディネートが難しいミモレ丈のスカートやワンピースも、フラットパンプスとの相性は悪くありません。特に足の太さや長さにコンプレックスがある人にとっては、デザインによってはふくらはぎが隠れるミモレ丈スカートはお役立ちアイテムです。足首が見えるスカート丈なので、白いソックスを合わせるとガーリーなイメージになり、背が低い人はよりかわいいイメージになります。全身をモノトーンでまとめ、黒のぺたんこ靴を履くと落ち着いた大人の印象になりますが、ソックスだけ明るい色を持ってくると、スタイリッシュなイメージがアップします。 楽だからフラットパンプスを履いていると思われてしまっては、おしゃれの意味がありません。しかし高いヒールの靴を履いていると、妙に気合が入っている感じに見えることもあります。頑張りすぎないおしゃれや、ぬけ感が演出できるところがぺたんこ靴の魅力とも言えます。これからはお気に入りのフラットパンプスを1足は靴箱に入れておくと、コーディネートの幅が広がり、なりたい自分が具体的にイメージできます。