靴のお手入れについて考えよう

 mamian_column_20180913_6 

革素材の基本的なお手入れ方法とは

靴と言っても様々な素材がありますが、その中でも革素材を選ぶ人はたくさんいます。革の素材は比較的長く使うことができる素材で簡単に破れたりすることはまずありません。丈夫な素材で人気ですが、さらに大切に長く使うためにも普段の手入れが大切なポイントです。ここではこれから革素材の靴を長く使いたいと思っている方のためにも正しいケアのテクニックについてご紹介します。

まず初めにやっておきたいこととしては、ブラシで靴本体に付着した埃を取り除くことです。革には埃などが付着しやすく、埃が原因で汚れに繋がることもあります。そのため、磨く前にはしっかりと埃を取り除く必要があります。埃を取り除くためには柔らかいブラシなどを用意することをおすすめします。例えば馬毛ブラシなどがあればより簡単に埃などを取り除くことが可能です。

続いてブラッシングが完了したら次にやることとしては、専用のクリーナーを使用して汚れを落とします。基本的には革に使用する専用のクリーナーを使用して、靴の表面についている古いクリーム汚れを取り除きます。使用方法としては乾いた布に適量を染み込ませ、靴全体をやさしく拭き上げます。そうすることで汚れを取り除くことができます。特に汚れがひどい場合はおすすめしたい良いお手入れ方法です。

続いて汚れを取り除くことができたら革専用のクリームを塗り込みましょう。クリームはできる限り手早く全体的にまんべんなく塗ることが大切な方法です。また、あまり塗りすぎてしまうとベタベタになってしまうので塗る量は考えるようにしましょう。クリームを塗り込んだら最後に仕上げとしてもう一度ブラッシングをして完了です。

こういった内容が基本的な手入れの方法になりますが、使用したらしっかりとお手入れをするようにすれば短期間で劣化してしまうことは少なくなります。特に革の素材はお手入れをすることで何年も使用することが可能です。特に長く使いたいなら定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

 

あると便利なお手入れ用品

靴を定期的にメンテナンスする人もいますが、普段あまりメンテナンスをしない人はどのようなアイテムが必要なのかよくわからない人もいるのではないでしょうか。実際にお手入れに使用すると便利なアイテムはいくつかあるので、ここではあると便利なグッズについて紹介します。

まず1つ目はメンテナンス用品です。これはツヤを出すためのクリームやエナメルに使用するための専用クリーナーなどが存在しており、使用することで簡単にお手入れをすることが可能です。これから靴のメンテナンスを行うならあると便利なアイテムになるのでまだ購入していないという方は用意しておくことをおすすめします。

続いて2つ目にあると便利なアイテムは防水スプレーです。エナメルなど素材によっては、基本的に防水スプレーが必要ないものも存在していますが、素材によっては水が染み込んでしまうものや水を弱点とする素材に関しては、防水スプレーがあると水を弾いてくれるのでダメージを軽減できます。水によるダメージが大きいと、自分ではメンテナンスができなくなる可能性もあるので、大きな劣化に繋げないようにするためにも一つは持っておくことをおすすめします。

その他3つ目は、臭い対策についても考えておくといいでしょう。靴は基本的にニオイが強くなって対策ができなくなると捨ててしまう人も少なくありません。素材はまだ劣化していないのに臭いだけで捨てるのは少しもったいないですよね。ニオイで捨てないためにも対策をしておくことが大切になるので、こういった場合は消臭スプレーなどがあると便利です。

このように、普段のメンテナンスをする時に便利なグッズは色々存在しているので、これから靴を購入して長く使いたい人は特に参考にしましょう。

 

サイズの合わない靴を履き続けることのデメリットについて

靴は普段生活をする中で必ず必要になるアイテムです。定期的に購入を考える人も多いですが、中には購入したけどサイズが合わずにそのまま自分の足に合っていない靴を履き続けている人もいます。しかし、サイズが合っていないものを履き続けると良くないことがあるので、ここではサイズの重要性についてお話します。

まず、サイズが合っていないと骨格が歪みやすくなります。基本的に足は身体全体を支えています。サイズが合っていない靴を履き続けると負担も大きくなり、土台が不安定になります。その影響で体全体に影響を与え、骨格が歪んでしまうことも考えられます。歪まないようにするためにも正しいサイズで選ぶことが大切になります。

また、猫背やO脚にもなりやすいので注意が必要です。サイズが合わないことで足が痛くなり、痛みをかばいながら歩くと、おのずと姿勢に影響が出て猫背になります。また、姿勢が悪くなることで骨盤が歪みO脚のリスクも高まります。キレイに見せるためにも良くないことなのでサイズはしっかりと考えて選ぶようにしましょう。