大きい靴・パンプスを調節する方法は?つま先に詰め物を入れても大丈夫?

デザインが気に入って購入した靴やパンプスをいざ履いてみると、サイズが合わなかったという経験がある人も多いはず。サイズが小さいと無理に履くのは難しいですが、大きい場合は多少サイズが合わなくても履いてしまうという人もいるのではないでしょうか。


しかし、サイズが合わない靴をそのまま履くと、足や身体に悪影響が出てしまいます。今回は、大きい靴を自分の足に合わせて履く方法を紹介します。多少サイズが合わない靴でも、詰め物を入れることで自分の足にぴったりの靴にできるかもしれません。


サイズが大きい靴を履く問題点とは?


サイズが大きすぎる靴を履くと、どうしても必要以上に靴の中で足が動いてしまいます。そのため、真っすぐ正しい重心移動ができなくなり、疲れが出やすくなったり、靴擦れを起こしたりします。


さらに、長年サイズが大きい靴を履きつづけていると、猫背になる、身体のバランスが左右でずれる・外反母趾や浮き指など足指が変形してしまうなどさまざまなリスクもあります。


靴を買うときは、「とりあえず大きめの靴を選んでおこう」はNGです。足の実寸より5~10mm程度で大きく、かかとがパカパカと浮かないものを選ぶようにしましょう。


靴やパンプスのサイズを調節する方法


それでは、靴やパンプスのサイズが大きいときの対処法について、具体的にみていきましょう。ただし、詰め物などで対応できるのは大きくても1cm程度。1cm以上大きく足に合っていない靴は、履かないように注意してください。


インソールを入れる


最も基本的な大きい靴の調節法が、インソール(中敷き)を入れることです。数多くのアイテムが市販されており、靴の種類や求める用途によってさまざまなタイプがあります。パンプスの場合、靴のサイズが大きいと、前滑りして足が靴のなかで滑ってしまうことがよくあります。この場合は、つま先部分だけに入れられるシリコンジェルのインソールがおすすめです。


ただし、インソールを入れると、足の爪や甲がアッパーに押し付けられてしまい、かえって足を痛めることもあります。足のワイズが大きい人はインソールの厚みに要注意です。


つま先に詰め物を入れる


大きいサイズのパンプスや靴を履けるよう、つま先に入れられる詰め物も販売されています。シューズ用・パンプス用など、靴に合うよう設計されている商品がほとんどなので、購入時は、対応している靴の種類をよく確認してください。


つま先に入れる詰め物の多くは、クッションタイプです。低反発で体重を吸収してくれるものや、抗菌防臭加工がされているものなど、機能面にも注目して選びましょう。


かかとにパッドを張る


つま先ではなく、かかとにパッドを張って、サイズを調節する方法もあります。とくにかかとがパカパカしやすいヒール靴やパンプス向けの商品が多く販売されています。


かかとにパッドを張るとサイズを調節できるだけでなく、靴擦れ防止にも効果的。とくにパンプスはかかとが靴擦れしやすいため、クッション性・フィット感に優れたかかとパッドがおすすめです。


パンプスならシューズストラップを付ける


詰め物を入れたり、パッドを張ったりするほどではないが、パンプス着用時にかかとが浮きやすいという場合は、シューズストラップを活用するとよいでしょう。シューズストラップとは、バンド状のアイテムで、足の甲の位置に付けることで、かかと浮きを防ぎます。


素材は布やシリコン、ゴムが一般的。ゴムやシリコンのタイプはサイズを調節しにくいので、足にフィットするか心配な場合は、マジックテープタイプやアジャスターが付いたフックタイプがおすすめです。


返品できるシューズショップで購入するのがおすすめ


サイズはもちろん、つま先の形やワイズなど靴選びはかなり難しく、実際に履いてみないと自分の足に合うかわからないこともよくあります。実店舗のあるお店だと試着をして買うことができますが、オンラインショップではそうはいきません。


そのため、オンラインで靴を購入するときは、必ず返品ができるショップを利用してください。試着サービスがあるショップでも構いません。一度、家で履いてみて、大きいときは無理に購入せず、自分の足に合う靴を選んでくださいね。


mamianで自分にぴったりの靴を見つけよう!


mamianの通販サイトでは、購入した靴が足に合わなかったり、イメージと違ったりすれば返品が可能です。とくに人によって合う・合わないが出やすいパンプスも、しっかりご自宅で試着していただけます。


ただ、人の足のサイズやワイズは左右で多少異なることも多いものです。その場合は、大きいほうの足に合せて靴を選び、もう片方には詰め物やインソールを使って大きさを調節してください。mamianではかかとパッドや各種中敷き、シューズストラップなどシューケアアイテムの取り扱いもあります。気になるときは、あわせて購入しておくと安心でしょう。