袴にパンプスをあわせるのはあり?コーデのポイントを解説!

成人式や卒業式など、袴を着るときにスタンダードになっている靴は、王道の草履や大正浪漫なブーツでしょう。しかし、「周りと被りたくない!」「もっとおしゃれな雰囲気にしたい!」という人には、「パンプス」がおすすめです。

今回は、レディースシューズのプロ「mamian」が、自分らしい袴スタイルを演出するためのパンプスコーデのポイントを紹介します。袴にパンプスをあわせて、周りに差を付けましょう!

袴×パンプスは大正時代からのおしゃれスタイル


袴にブーツをあわせるスタイルは、大正~明治時代に女学生の間で流行しました。実は、同時期に、袴にパンプスとあわせるスタイルも流行しています。パンプスのほうが足が華奢にみえ、女性らしい雰囲気になるのが魅力。現在では、袴にブーツをあわせるスタイルのほうが定着していますが、袴×パンプスもおしゃれさんの象徴だったのです。

袴×パンプスのポイントは?


それでは、袴とパンプスをどのようにあわせていくのかご紹介します。袴にパンプスあわせると、ブーツを履くよりも、さらにモダンな印象に。おしゃれで個性的、かつ上品な印象を演出しましょう。

パンプスはシンプルなものを選ぼう


袴にあわせるパンプスは、和装の雰囲気を壊さないシンプルなデザインで、無地のパンプスがおすすめです。シンプルで、着物の柄とマッチするものであれば、ローファーパンプスや、バイカラーパンプスも良いでしょう。フォーマルな場に着ていくことが多い袴スタイルですが、ストラップが付いているものでも構いません。

ただし、エナメル生地や分厚いハイヒールなど、派手な雰囲気のパンプスはNG。着物は、内面の美しさを象徴する衣装といわれるように、控えめな上品さが魅力です。あわせるパンプスは、スエード生地やレザー生地など、和装にマッチする上品なものがおすすめ。つま先のデザインも、ポインテッドトゥではなく、アーモンドトゥやスクエアトゥ、ラウンドトゥを選ぶと良いでしょう。

靴下orストッキングを着用してフォーマルな雰囲気に


パンプスを履くときには、素足だったり、甲浅カットの靴下だったりと、足の甲を露出したほうが足が綺麗に見えると人気です。一方で、袴とあわせるときに足の甲が露出されていると、肌色が浮いてしまいます。そこで、靴下かストッキング、タイツを着用しましょう。

靴下やストッキングを選ぶときは、和装の雰囲気を壊さないよう、振袖・袴と同系色または、カーキベージュやブラウンベージュ、黒色など、どんな雰囲気でもなじみやすい色がおすすめです。柄物は、振袖の柄とケンカになる可能性があるため要注意。パンプスからチラリと見える、靴下やストッキングの色や生地が違えば、雰囲気も大きく変わります。

また、袴を着用する成人式は真冬、卒業式は早春と、寒い日もあります。防寒面では、足元が冷えないよう靴下の着用がおすすめです。

バッグは和洋どちらもあわせられる


袴と草履、またはブール ブーツを着用する場合、巾着や、和装用のバッグを持つのが一般的です。一方で、袴にパンプスをあわせると、洋風の雰囲気がアップするため、あわせられるバッグの幅が広がります。

袴の雰囲気を壊さないように、小さめのクラッチバックやハンドバッグがおすすめです。柄物のバッグの場合は、着物とケンカしないよう、同系色や似た雰囲気の柄のものを選びましょう。和装向け以外のバッグを持つ場合は、モダン柄の着物を選んで、全体的にモダンスタイルに統一するのがおすすめです。

ヘアスタイルもモダンな雰囲気が◎


袴にパンプスをあわせるときは、足元がモダンな印象になるため、ヘアスタイルもそれにあわせると全体的にモダンな雰囲気に統一できます。モダンなヘアアレンジはもちろん、古典的なヘアスタイルにモダンな髪飾りを付けるのも良いでしょう。

モダン柄の大きなリボンやヘアバンドもレトロな雰囲気をプラスできます。おしゃれの幅を広げて、ヘアスタイルだけでなく、ファー帽子やベレー帽をあわせれば、おしゃれで個性的なコディネートになるでしょう。

mamianで袴にあわせるパンプスをお選びください!


袴とはいえ、慣れない人にとって和装は歩きづらい、または行動が制限されるものです。また、パンプスを履きなれていないと、靴擦れになったり、歩くたびにかかとがパカパカしたりと、まともに歩けなくなることも。

そのため、長く履いても疲れにくい、足にフィットするパンプス選びが重要です。mamianのパンプスは、日本人女性の足に合うように設計されています。一度履いていただければ、その履きやすさを実感いただけると思います。

また、通販で購入したパンプスが足に合わなかったり、雰囲気がイメージと違ったりすれば、返品が可能。自宅で袴を着て、パンプスがマッチするか試してみることもできます。袴にあわせるパンプスをお探しの方はぜひ一度お試しください。

人気の記事