女性の靴の購入や種類について

mamian_column_20180913_3  

女性の靴の種類について

靴を選ぶ基準は人それぞれ異なります。
デザインを重視する人もいれば履き心地を重視する人もいます。
また、普段履き用なのかパーティー用なのかなど、シーンに合わせて使用する靴を変えている人もいるでしょう。

人それぞれ好みは異なりますが、女性の靴は男性の靴と比べると種類も豊富です。
どんな種類があるのか知っておくだけでもより自分に合ったタイプを選ぶことができるのではないでしょうか。
ここでは靴の種類について大まかに紹介します。

まずはパンプス。
パンプスはもともと舞踏会用に作られた女性用の靴のことで、足の甲の部分が大きく開いたデザインをしているのが特徴的です。
基本的にはベルトや紐などを使わずに履くことが多いですが、近年ではベルトやリボンの付いたパンプスも多く見られます。

パンプスと言うと素足やストッキングで着用するものというイメージがまだまだ強いですが、近年ではソックスと合わせる履き方も人気を集めています。
コーディネートの幅が広くなっており、様々な世代の女性が履いている”女性の靴の代表”とも言える存在です。

続いてはサンダルです。
基本的にはつま先やかかと部分が開いていて、足全体を包まない履物のことを言います。一口にサンダルと言っても、下駄のように足の親指と人差し指の間に挟んで履く”トング”と呼ばれるものや、足の甲から足首やふくらはぎまで紐やバンドで覆われている”グラディエーター”と呼ばれるものなど、種類は様々です。

3つ目はブーツです。
ブーツも長さや形は様々。パンプス感覚で履ける足首までかそれより短いショート丈のブーツもあれば、膝上まで脚をすっぽり覆うロング丈のブーツもあります。
ヒールが高めでもパンプスと違って足をしっかりと覆ってくれるので歩きやすい点や防寒の視点からも冬場は女性の必需品と言ってもいいかもしれません。

このように、女性の靴の種類についていくつか紹介をしましたが、細かく分けるとまだまだたくさんの種類があります。
これから購入を検討している方はどんな種類があるのかあらかじめ調べておくといいでしょう。

 

種類だけじゃない靴の正しい選び方

靴を購入する時にはデザインだけを見て選ぶ人もいますが、それだけでは選ぶときに失敗することもあります。
失敗しない靴選びのためには正しい選び方について知っておくことが大切です。

まず1つ目に大切なのが自分の足に合ったサイズを選ぶことです。
そのくらい当たり前、と思う方も多いかもしれませんが、それ以上に自分の足のサイズを正確に知らない人が多いことも事実です。

例えば足は人それぞれサイズだけではなく形が異なります。幅が広い人もいれば狭い人もいます。甲が高い人もいれば低い人も、指が開いている人がいれば内側に曲がっている人も、本当に足の形は様々です。
足の形によって自分に合う靴は異なるので、まずは自分の足の形やサイズをしっかり理解しておくことが大切です。
しっかりとチェックしてより履き心地の良いものを手に入れましょう。

続いて大切なのが素材です。
靴によって使われている素材は異なりますが、例えば長く使いたいなら革素材を選ぶなど、素材の特徴を理解しながら購入するという選び方もあります。
実際に革素材は男女問わず人気を集めています。合成皮革、人工皮革の靴と比べて価格は上がりますが、品質の良い靴を長く大切に履きたい人にはオススメです。

3つ目は購入する時間帯です。
基本的に人は午前中よりも夕方の時間帯の方が浮腫み等によって足のサイズが大きくなると言われています。

大きくなった後のサイズに合わせた方が窮屈に感じることもないので、一般的には夕方の時間帯に選んだ方がいいと言われています。
ただ、夕方〜夜にかけて浮腫んだ足のサイズに合わせて購入しても、実際に履く時間帯に足に合っていないのなら意味がないので、たくさん外を歩き回る営業の人なら、仕事用の靴は最も歩く時間帯の足のサイズに合わせて購入するのがいいでしょう。

選び方のコツについて説明しましたが、靴で失敗したくない人は是非参考にしてほしいポイントです。

 

持っておいた方がいいシューズケア用品

靴を長く良い状態で履くためにも、日頃のケアはとても大切です。
前述したとおり素材も大切ですが、ケアをすることでより長く、美しく靴を履くことができるので、ここではシューズケア用品について説明します。

まず1つ目に持っておくと便利なのが素材に合わせたケア用品です。
例えば革素材なら専用のクリームや磨くためのブラシ、エナメル素材なら汚れを取ったり艶を出すためのローションやミルク等でしょう。
特に革素材の場合はケアをするのとしないのでは風合いがまったく変わってくるので、持っておくに越したことはありません。

2つ目は防水スプレーです。
雨の日には防水スプレーがあると水に弱い革のような素材でもダメージを最小限に防ぐことができます。
普段からこまめにつけておくと急な雨にも対応できるので魅力的です。

その他にも消臭除菌スプレーなどもあると安心です。
靴は履き続けることでニオイが発生することがあります。
放置するとニオイを消すことができなくなり、泣く泣くゴミ箱へ…なんて事になりかねません。

靴を脱いですぐにシュッとひと吹き。このほんのちょっとの習慣だけでニオイを気にせずお気に入りの靴をたくさん履くことができるようになるのです。

このように持っておくと便利なアイテムもたくさんあります。
靴を大切に長く美しく履くために、日頃のケアをきちんとしておきたいですね。