結婚式で履くパンプスを買う

mamian_column_20180913_18  

結婚式でどのような靴を履くか

結婚式に招待されると、新郎新婦の幸せな姿を見ることができ、自分まで幸せな気分になります。そんな幸せな結婚式で常識外れのことをしてしまうと、自分が恥ずかしい思いをするだけではなく、招待してくれた人にまで恥ずかしい思いをさせてしまいます。そこで結婚式で控えた方が良い靴などについて紹介します。 結婚式ではフォーマルな服装で出席するのがマナーです。そのため、ブーツとスニーカーはカジュアルすぎるため履くのは止めた方が良いです。他にも好ましくない靴としてオープントゥパンプスや動物柄、革製品が挙げられます。オープントゥパンプスは、結婚式において露出の高い靴を履くのは良くない以外にも、妻が先立つという縁起が悪い理由があります。また、動物柄や革製品を使った靴は殺生をイメージさせるためです。しかし最近では、式の格調によっては少し露出の高い靴を履いてもよい場合があります。履かないのが原則ですが、どうしても履きたい場合には確認するとよいでしょう。 靴に合わせて気をつけることが、結婚式でパンプスを履くときには肌色のストッキングを着用することです。正装としてタイツや素足ではなくストッキングを履く必要があります。ここで注意すべきポイントは、黒色のストッキングを履いてはいけないということです。黒色のストッキングは喪服を連想させ、マイナスなイメージがあります。黒色ではなく肌色のストッキングを履くようにしましょう。今回紹介したものは一例ですので、結婚式に行く際にはマナーについて勉強してから行くことをおすすめします。

 

結婚式でのパンプスの選び方

結婚式に招待され出席するときに、どのようなパンプスを選んだら良いか迷う人もいます。そこで今回は結婚式でのパンプスの選び方について紹介します。 まず注意したいのは、つま先やかかとが隠れていても、ヒールが低すぎるパンプスはカジュアルすぎて好ましくない場合があることです。ある程度マナーについて調べている人でも、ヒールの高さまでは気が回らないことがあるので注意しましょう。フォーマルな場で履くパンプスは、ヒールが3センチ以上あるとよいとされています。足がきれいに見えるヒールの高さは7センチとされているので、3センチから7センチの間で履きやすいヒールを選ぶのがよいです。また、ヒールの太さも太すぎるとカジュアルすぎてあまり好ましくないので、細めのものを選びましょう。 次にパンプスの色についてです。黒色であればどのような衣装にも合わせやすいですが、ネイビーなどダークな色味のドレスに黒色のパンプスを合わせると喪服が連想されるので、合わせるときは注意が必要になります。ピンクベージュ色は、どのような色のドレスにも合わせやすく上品で華やかさを出すことができるカラーです。大人らしい雰囲気を出したい人にはワインレッドがおすすめです。ネイビーなどの少し暗めのドレスにワインレッドを合わせると、より大人な雰囲気を出すことができます。

 

結婚式用のパンプスを買うサイトの選び方

結婚式に履いていくパンプスを購入するには、お店とインターネットを利用する方法があります。今回は、インターネット上で購入するとき、数ある中からサイトを選ぶ際に気を付けるべきことについて紹介します。 まず、他の購入者のレビューが書かれていたり、知人から教えてもらったサイトであったり、雑誌で紹介されているサイトなどの信用できるサイトを選ぶことが大切です。また、商品の返品ができるかどうかということも重要です。パンプスは履いてみないと、フィット感などまではわかりません。返品ができないと足に合わない場合に困るので、サイズ交換のできるサイトがおすすめです。しかし、返品が可能なサイトでも、商品到着から7日を超えたものは返品が不可になるということもあるので、あらかじめ確認しておくのが良いです。 次に、商品が多くあるサイトを選ぶことです。商品があまりにも少ないと選択の幅が狭くなり、自分が履きたいと思う靴に出会える可能性が低くなります。商品が多くあることで自分の好きな靴を選ぶことや、結婚式にあったものを選べる可能性も高くなります。定期的にセールが行われるサイトもあります。お金はあまりかけられないけど、品質の良いお気に入りの靴が履きたいという場合にはセール期間をうまく活用することで対応できます。 商品の情報について知っておくことも重要です。エナメルやシルクなど、どのような素材でつくられているのかを調べると、ある程度の質感がわかります。商品の情報を知っておくと自身の認識とミスマッチが起きにくく、無駄な手間が省けるので知っておくと便利です。 インターネットを利用してパンプスを購入する際にこれらのことを注意しておくと、よりよい買い物をすることができます。結婚式はフォーマルな場のため、マナーに気を付けつつも自分好みのパンプスを買うと良いでしょう。


人気の記事